仕事

【解説】「まるでフリーザ?!」あなたの職場のマニピュレーター上司

更新日:

 

 

 

KEI
先日こんなツイートをしたんですが、キャリ子さんの上司はどうですか?

こんな傾向はありませんか?

 

 

幸い私の上司は大丈夫ですけど、これは何ですか??
キャリ子

 

 

 

KEI
もしこのツイートのようなことを言う上司であれば、それは”マニピュレーター上司”かもしれません。

 

 

 

マニピュレーターってなんですか???
キャリ子

 

 

KEI
初めて耳にするかと思いますが、マニピュレーター上司はまるでドラゴンボールに出てくる悪の帝王フリーザのような人のことです。

 

 

はぁ、あのフリーザですか・・・。

でも、イマイチよく分かりません。

キャリ子

 

 

KEI
それでは早速、「マニピュレーター上司」について解説していきましょう

 

 

 

マニピュレーター上司の特徴とは?

まずは「マニピュレーターって何?」ということから説明します。

 

 

簡単に言うと、”人の心を操ろうとする人”のことです。

 

 

相手に心理的に揺さぶりかけて、自分にとって都合のいいようにマインドコントロールしようとするような人というとイメージしやすいかもしれません。

 

 

そのため、僕自身はドラゴンボールに出てくるフリーザのような印象を持っているのです。

 

 

フリーザは邪悪で冷酷ではあるものの、人心掌握に長けているために大勢の部下を従え、自分の思い通りに行動していきます。

 

 

マニピュレーター上司の3つの特徴

冒頭のツイートでも書いていますが、改めてこちらがマニピュレーター上司の特徴になります。

相手が自己嫌悪になるように仕向ける

相手が自信を失うように仕向ける

自分のことはごまかし、他人のミスはきっちり指摘する

 

 

以下のような言動が見られる上司は、マニピュレーター上司である可能性が高いと思われます。

(1)あなたがあくまで提案や意見、主張をしただけなのに、「私はその提案(意見)は良いと思うんだ。でもね、他のメンバーはあまりよく思っていないんだ(よく思わないんじゃないかな?)。君はもうちょっと他人のことを考えるようにした方がいいな。」などと言って、自己嫌悪に陥らせようとします。

 

(2)例えばあなたが頑張って仕事をしているのに成果が出ていないと、「この仕事は君にはまだ早かったのかもしれないな。やはり私がついていないとダメだな。」などと言って自信を失わせ、自分がサポートしてあげる代わりに言いなりにさせようとします。

 

(3)自分の指示や選択が間違っていたとしても謝罪や反省はせず、「これは君のためにやってあげたのに、なぜ成果を出そうとしてくれないんだ?」と責任を相手に求めようとしてきます。

 

そのうえ、さらにマニピュレーター上司がやっかいなのは、一見すると”親切で他人思いの良い人”に見えるのです。

 

 

そのためか、このようなマニピュレーター上司が昇進し、高い役職に就いていることが多いのです。

 

人間関係で悩んでいる人は、こちらの記事をどうぞ。

参考 【方法】「仕事の人間関係がツライ」嫌いなあの人への対処法がコチラ

 

 

 

もし自分の上司がマニピュレーター上司だったら?

実は以前、僕の上司がまさにマニピュレーター上司だったのです。

 

 

転職して今の会社に入社したのですが、入社当初の上司がマニピュレーター傾向のある人でした。

 

 

先ほど説明したように、初めのうちはすごく親身で優しい一面を見せており、僕に対しても快く相談に乗ってくれたり、サポートをしてくれました。

 

 

しかし徐々にマニュピレーターの顔を出してきたのです。

 

 

例えば、部下のミスをマニュピレーター上司がさらに上に報告をする際に、「私はこのように指導したのに、〇〇が勝手に判断をしてしまって」と伝えていたり、
部下が提案しても「私はいいのだが、会社はOK出さないだろう」と言ってその提案を独断で却下したりしていました。

 

 

そしてもっとも酷かったのが、部下が一人で獲得した営業成果の半分を、自分の成果として会社に報告していたのです(その成果がインセンティブ=報奨金となるため、それが半分になってしまいました)。

 

 

ちなみにこのマニピュレーター上司は、このような悪行が会社にバレたことで、左遷されてしまいました。

 

 

このように、マニピュレーター上司の元で仕事をするのはかなりツライものです。

 

もしマニピュレーター上司であったとしても、気に入られる努力はした方がいいでしょう。

参考 【方法】「上司に気に入られるための対策法」ちょっとした工夫でOK

参考 【解説】「根回しは必要?」仕事をうまく運ぶ戦略的な根回しの方法

 

 

 

マニピュレーター上司の対処法

ここまでマニピュレーター上司について伝えてきましたが、もしあながたがそんな上司の元で働いているのであればどう対処したらいいのでしょうか?

 

 

マニピュレーター上司の対処法について、”ハーバード・ビジネス・レビュー”で参考になりそうなものがありましたので、ここで紹介しましょう。

 

 

主な対処法は3つです。

必要以上に特別扱いされるときは疑おう

あえて公の前で小さな対立をする

黙秘したり、卑劣な行為を見て見ぬふりをしたりすることを拒む

 

 

そして”ハーバード・ビジネス・レビュー”では、この3つの対処法について以下のように伝えています。

マニピュレーターかを確かめる

あなたをお気に入り扱いする一方で、自己嫌悪に陥らせるような当てこすりをしたり、他の人たちと話すときにあなたをこき下ろしたりする場合は気をつけよう。お気に入りでいたいのなら、あなたの利益に反する行為をするよう、プレッシャーをかけてくるときも注意したほうがいい。

 

第三者がいる前で小さな対立をする

勇気と機知を持ち合わせて介入する人がいれば、マニピュレーターには彼らの行為が見抜かれたと警告することになり、また傍観していた人々には、通常通りにビジネスを進めながらも、介入して他の人たちを守ることができると示すことになる。

 

黙秘したり、卑劣な行為を見て見ぬふりをしたりすることを拒む

言外のへつらいに、騙されてはいけない。意図を明らかにするために、詳細や具体的な情報を求める必要がある。「あなたが言おうとしていることが、よくわかりません。なぜこの話を私にするのですか。私に何をしてほしいのですか」

 

引用元 上司や同僚に心を操られそうになったら、3つのアプローチで対処する ー Harvard Business Review

 

このように、もし上司がマニピュレーターである場合は、仲間(同僚や後輩)と協力して対抗することが大切です。

 

 

何も行動せずに言いなりになることが、最悪の状況にあなたを陥らせてしまうかもしれません。

 

これからキャリアを築いていく20代〜30代の人は、マニピュレーター上司対策に時間を費やすよりも、さっさと転職して環境を変えた方が良いかもしれません。

状況に合わせたオススメの転職エージェントがこちら【パターン別】

続きを見る

 

 



戦う術を持とう

今伝えた通り、マニピュレーター上司に対して何もしないことが最悪の結果となります。

 

 

そのため、もしあなたの上司がマニピュレーター上司なのであれば、どうにかして対抗する必要があります。

 

 

そのため、同僚や先輩、後輩と結託したり、または他の部署でマニピュレーター上司と同等の権力を持つ人に相談するなどしましょう。

 

 

マニピュレーター上司によって、手なづけられない部下ほどやっかいな存在に違いありませんから。

マニピュレーター上司の3つの特徴

相手が自己嫌悪になるように仕向ける

相手が自信を失うように仕向ける

自分のことはごまかし、他人のミスはきっちり指摘する

 

 

 

あなたが上司なのであればマニピュレーター上司になってはいけませんが、良い意味で部下を操れると仕事が円滑に進みます。

仕事で部下をマネジメントする方法。これで思い通り操れる?!

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

KEI

仕事やキャリア、生活などに役立つ情報を科学や雑学を交えて発信しています。 仕事の仕方、時間の使い方、コミュニケーション、キャリア形成、睡眠、食事、フィジカルケア及びメンタルケアなどを基にハタラクのアップデートを目指します。 プロフィールはこちら

-仕事
-,

Copyright© ハタラクを考えるブログ , 2020 All Rights Reserved.