仕事

「無能な上司が生まれる理由」無能な上司の10の特徴と6つの対処法

更新日:

 

あぁ、上司が無能だから仕事が溜まるぅぅ・・・。
キャリ子

 

 

KEI
上司に不満ですか?

 

 

はい、今の上司がダメダメで・・・。
キャリ子

 

 

KEI
それは残念ですね。

でも、そんな悩みを抱えて日々働いているサラリーマンは多いでしょうね。

 

 

ところで、KEIさんは上司で悩んだことあるんですか?
キャリ子

 

 

KEI
ありますよ。事実、僕の上司も無能でした。

 

 

どんな上司だったんですか?
キャリ子

 

 

KEI
具体的な事業戦略はなく、そのため部下に指針を示すことがなく、それで部下が思い通りに動かないとわめき散らす…。

 

 

割と最悪な上司ですね…(笑)
キャリ子

 

 

KEI
まぁ、その上司は結果的には降格しましたが、無能であるにもかかわらず上司のポジションに居座っているケースも少なくありません。

 

 

確かにそうですね。

実際、転職希望者から相談を受ける中で、上司が原因で転職を考える人ってけっこういますね。

キャリ子
でも、とはいえ上司になるくらいなので有能なはずですよね?
キャリ子

 

 

 

KEI
いえ、実はそうではないのです。

無能な上司が生まれてしまうプロセスが存在するのです。

 

 

 

そんなプロセスがあるんですか・・・?
キャリ子

 

 

KEI
あるのです。

ということで、「無能な上司が生まれる理由と無能な上司の特徴と対処法」について解説していきましょう。

 

 

この記事を読んでほしい人

  • 自分の上司は無能だと思う人
  • 上司の対応に困っている人
  • 上司のせいで仕事がはかどらない人

 

 

なぜ無能な上司が生まれるのか?

「なぜ無能な上司が生まれるのか?」

 

 

僕は最初、”年功序列””ゴマすり”といった慣例や太鼓持ちタイプがもてはやされているからだと思っていました。

 

 

しかし、評価制度やキャリアパスが整った会社が多くなった現代では、以前ほど”年功序列”や”ゴマすり”で出世するケースは少なくなりました。
(中小零細企業では未だにありますが…。)

 

 

そこで色々調べてみると、無能な上司が生まれる主な要因を2つ発見したのです。

 

 

それがこちらです。

能力のミスマッチ

創造性の欠如

 

この2つの要因は科学的な証拠にも裏付けされており、人の意志とは関係なく発動してしまうのです。

 

 

10万件の求人から自分に合う仕事が見つかる

DODA 転職者満足度No.1

応募書類の添削・面接のサポート

年収・入社日などを代わりに交渉

 

 

能力のミスマッチ

「ピーターの法則」は知っていますか?

 

実はこの法則が、”無能な上司の量産”に深くかかわっています。

 

まずはピーターの法則についてですが、ウィキペディアではこのように説明されています。

ピーターの法則を実社会の組織に適用すると、現在の仕事の業績に基づいて、ある人材が今後も昇進できるかどうか判断することができる。すなわち、階層組織の構成員はやがて有効に仕事ができる最高の地位まで達し、その後さらに昇進すると無能になる。この地位はその人材にとって「不適当な地位」であり、もはやさらなる昇進は望めない。

このようにして、ある人材はその組織内で昇進できる限界点に達する。人は昇進を続けてやがて無能になるが、必ずしも高い地位がより難しい仕事であるという意味ではない。単純に、以前優秀であった仕事と仕事内容が異なるだけである。要求される技術をその人材が持ちあわせていないだけである。

たとえば、工場勤務の優秀な職工が昇進して管理職になると、これまで得た技術が新しい仕事に役立たず無能になる。このようにして「仕事は、まだ不適当な地位にまで達していない人材によってなされる」こととなる。

引用元 ピーターの法則 - ウィキペディア

 

つまりこういうことです。

組織において人は、自分の能力を発揮できる環境を超えた場所(能力をを発揮できない場所)まで行きつく

行きついた場所で求められる能力は、自分の有する能力とは異なる

 

例えばよくあることとして、すごい成果を上げていた優秀な営業マンが管理職に昇進するものの、そこで全く成果を上げれないというようなことです。

 

いわゆる「名選手、名監督にあらず」ということです。

 

しかし会社組織では、Aという能力が求められる場所にBという能力を持つ人を置く傾向があります。

 

これが無能な上司が生まれる理由の一つです。

 

 

上司のせいで評価されないという人はいませんか?

参考 仕事で成果を出しても評価されない理由。評価をされるには【解説】

 

 

創造性の欠如

実は、創造性がある人(クリエイティブな人)ほど出世しづらいのです。

 

まずはこちらを見てください。

ペンシルバニア大学やコーネル大学の共同研究にて、ある企業の従業員291人の社員に匿名で問題解決の課題に取り組んでもらい、それ以外の従業員55人に2つのポイントで評価してもらいました。

 

(1)その問題解決はクリエイティブ?

(2)その問題解決法を提示した人はリーダーに相応しいか?

 

その結果、クリエイティブさとリーダーに相応しいかについては負の相関があったのです。

 

つまり、(1)でクリエイティブだと判断された人ほど”リーダーには向いていない”と判断されたのです。

 

また、参加者に対して航空会社がより利益を上げるためにはどうしたらいいかという課題を与え、10分でアイディアをプレゼンしてもらいました。

 

参加者の半数にはクリエイティブな提案をしてもらい、もう半分にはありきたりな提案をしてもらうように事前に依頼しておいたのです。

 

一方で評価者にはプレゼン者がリーダーに相応しいか否かを評価してもらうよう依頼しました。

 

その結果、クリエイティブな提案をした人たちは、著しくリーダーシップに欠けると評価されたのです。

 

参照 Recognizing Creative Leadership: Can Creative Idea Expression Negatively Relate to Perceptions of Leadership Potential? -Cornell University ILR School DigitalCommons@ILR

 

この研究結果から言えるのは、「そもそも上司の立場に就く人は創造性に欠ける=考え方が固い」ということではないでしょうか。

 

そのため、部下からみると上司は「頭が固くて融通が利かない」、「形式ばかりにこだわる」というような認識になるのです。

 

しかし、そもそもなぜ創造性が欠ける人をリーダーとして選んでしまうのでしょうか?

 

これは僕の持論ですが、人は”変化”を嫌うものです。

 

自分が接する環境が、多少なりとも変わってしまうことを恐れます。

 

そのため、人は無意識下で「創造性がある人=変化を起こす人」と認識しており、変化をもたらす可能性の低そうな人、つまり創造性に欠ける人を選ぶのではないかと思うのです。

 

 

 

 

無能な上司の特徴とは?

ここまで、無能な上司が生まれる理由について解説してきました。

 

 

一方で、”無能な上司”とはどんな人のことを言うのでしょうか?

 

 

続いては、無能な上司の特徴について説明していきます。

 

転職を考えるならDODAに相談

DODA 転職者満足度No.1

 

無能な上司の10の特徴

無能な上司とは、一体どんな上司なのでしょうか?

 

これについては、Human WorkplaceのCEOであり、人材やリーダーシップについてフォーブスやリンクトインで執筆するLiz Ryanが提唱する「上司が有能か無能かを見抜く10のポイント」が非常に参考になります。

 

これについて、彼女はこのように10のポイントを挙げています。

1.無能な上司は、部下の仕事と部署の目標へのつながりを理解していない

2.無能な上司は、部下の仕事内容の知見が浅く、学ぶ意欲もない

3.無能な上司は、必要としていることを言語化できない

4.無能な上司は、部下が必要としていることを上層部へ代弁できない、またはしない

5.無能な上司は、形式や慣例に則ってしか判断・決断できない

6.無能な上司は、失敗を恐れ、いつも他責にする

7.無能な上司は、協力体制を築かず、クローズドなコミュニケーションを行う

8.無能な上司は、自分は何でも知っていると思っている

9.無能な上司は、物事を見通せず、事前に対策を打てない

10.無能な上司は、リーダーシップに関わる仕事の優先度が低い

参照 上司が有能か無能かを見抜く10のポイント - Forbes JAPAN

 

それではこの10のポイントについて詳しくみていきましょう。

 

 

部下の仕事と部署の目標へのつながりを理解していない

営業職のように、個人の売上が部署の売上目標につながるというものなら理解しやすいでしょう。

 

しかし、例えば部署の目標が1億円という金額であったとして、その部署でデータ分析や広報といった仕事をしている部下がいた場合はどうでしょうか?

 

データ分析や広報の仕事は直接売上にはつながらず、あくまでも間接的な貢献となります。

 

つまりデータ分析や広報という仕事を、売上を高めるために活用することができない上司は無能だと言えるのです。

 

 

部下の仕事内容の知見が浅く、学ぶ意欲もない

自分がかつて携わっていた仕事の知見が豊富であることは当たり前です。

 

しかし、部署にはそれ以外の仕事(業務)も混在しています。

 

例えば、営業畑上がりの上司が最近導入されたWEBマーケティング(の仕事)を理解していないということはよくあります。

 

もちろん知見がないのは仕方がない一方で、それについて学ぼうとしなければ部下を評価することすらできません。

 

つまり、部下の仕事について知ろうともしない上司は無能だと言えるのです。

 

 

必要としていることを言語化できない

上司が部下に指示を与えるにあたり、部下を理解させることができなければ、それは指示を与えていないのと同じことです。

 

上司の思いや考えを、部下が理解していると思うのは思い上がりでしかありません。

 

部下は上司の明確な意図を理解できないことには、的確に動くことはできません。

 

つまり、自分の考えを部下が理解できるような言葉にできない上司は無能だと言えるのです。

 

 

部下が必要としていることを上層部へ代弁できない、またはしない

例えば、部下から業務上社用車が必要だと依頼があった場合、たとえ上司でも自分で決済することはできません。

 

そしてそれが理に適っているのであれば、、上司は上層部(会社)にその要望を代わりに上げなければいけません。

 

しかし、その要望の背景や趣旨をうまく上層部に理解させることができない、またはそもそもしなければその部署の成果は高まらないでしょう。

 

つまり、部下からの理に適った要望や意見を上層部に理解させることができない上司は無能だと言えるのです。

 

 

形式や慣例に則ってしか判断・決断できない

ルールに従って判断・決断することは大事です。

 

一方で、契約できれば大きな売上につながるものの、これまでの業務フローを変えなければいけないような状況ではどうでしょう?

 

もちろん、その後の状況や体制などを検討した上で最終的な判断をしなければいけませんが、ルールを外れるという決断もあるでしょう。

 

つまり、検討すらせず、あくまでルールに則ってしか判断・決断できない上司は無能だと言えるのです。

 

 

失敗を恐れ、いつも他責にする

上司は部下の管理をすることが仕事である一方、チャレンジすることも必要です。

 

「形式や慣例に則ってしか判断・決断できない」にもつながりますが、ルールを逸脱することで大きな成果につながることは仕事においてあり得ることです。

 

しかし、失敗したり責められることを怖がって動こうとすらしなかったり、仮に失敗した場合「それは部下が判断してやったことだ」と部下を庇うことをしないのです。

 

つまり、失敗や非難を恐れてリスクを冒さず、また失敗した場合に責任を押し付ける上司は無能だと言えるのです。

 

 

協力体制を築かず、クローズドなコミュニケーションを行う

上司であっても、部下の好き嫌いはあるものです。

 

しかし、お気に入りの部下だけに偏ったコミュニケ―ションを取るのはいかがなものなのでしょうか。

 

このように偏ったコミュニケーションを取ることで、気に入られている部下は上司を都合よく使う一方で、気に入られていない部下はその上司の足を引っ張ろうと画策するかもしれません。

 

つまり、偏った振る舞いを行う上司は無能だと言えるのです。

 

 

自分は何でも知っていると思っている

上司は全知全能ではありません。

 

ものによっては部下の方が詳しいということはよくあることです。

 

しかし、上司である自分が部下に教えを請うことや質問することは恥ずかしいと思ってしまうのです。

 

そして上司が学ぶことができなければ、上司の仕事を理解することはできないでしょう。

 

つまり、自分を過信して他者から学ぼうとしない上司は無能だと言えるのです。

 

 

物事を見通せず、事前に対策を打てない

仕事において、手違いやクレームといった問題は起きるものです。

 

そのため、上司は自分の部署や部下で起こり得そうな問題を予測しておくことは必要です。

 

しかし実際に問題が起きた時、何の手立てを講じることはできず、アドバイスすらできないのです。

 

つまり、起こりえる問題の予測やそれに対する施策を考えていない上司は無能だと言えます。

 

 

リーダーシップに関わる仕事の優先度が低い

最近ではプレイングマネジャー化している上司が増えています。

 

しかし、プレイヤーの仕事に比重を置いてしまうようでは上司(リーダー)とは言えません。

 

上司である以上、部下の悩みを解決し、部下の士気を高め、部下の仕事を効率化して生産性を高め、部署の利益を最大化することが求められます。

 

つまり、部下に対して多くの時間を使えない上司は無能だと言えるのです。

 

 

最近ではリーダー像も変化してきています。

モチベーター型のリーダーは失格。モチベーターがダメな理由【解説】

続きを見る

 

 

あなたの上司は「無能な上司の10の特徴」にいくつ当てはまる?

ここまで、「無能な上司の10の特徴」について説明してきましたが、あなたの上司はいくつ当てはまりますか?

 

全く当てはまらないような有能な上司もいるかもしれません。

 

しかし、あなたの上司がここで挙げた特徴に5つ以上当てはまるようであれば注意が必要です。

 

なぜなら、無能な上司の下で働くと、いくらあなたが優秀だとしても報われない(評価につながらない)からです。

 

そうは言っても転職が難しいという人は、上司に気に入られることが重要になります。

参考 【方法】「上司に気に入られるための対策法」ちょっとした工夫でOK

 

 

 

無能な上司への対処法とは?

無能な上司は、無能であるがゆえに期待しても意味がありません。

 

 

そのため、もしあなたの上司が無能なのだとしたら、あなた自身で働きかけしなければなりません。

 

 

そうしないと、あなたは無能な上司のせいで仕事で成果を出すことができなくなってしまいます。

 

 

優秀なのに、上司のせいで不遇をかこっているサラリーマンは少なくありません。

仕事で不遇を味わう人へ。乗り切るための考え方と過ごし方【方法】

続きを見る

 

 

無能な上司への6つの対処法

”無能な上司への対処法”については、先ほど挙げた「無能な上司の10の特徴」に対応するものとして紹介していきます。

  1. 部下の仕事と部署の目標へのつながりを理解していない
  2. 部下の仕事内容の知見が浅く、学ぶ意欲もない
  3. 必要としていることを言語化できない
  4. 部下が必要としていることを上層部へ代弁できない、またはしない
  5. 形式や慣例に則ってしか判断・決断できない
  6. 失敗を恐れ、いつも他責にする
  7. 協力体制を築かず、クローズドなコミュニケーションを行う
  8. 自分は何でも知っていると思っている
  9. 物事を見通せず、事前に対策を打てない
  10. リーダーシップに関わる仕事の優先度が低い

 

それでは早速、”無能な上司への対処法”について見ていきましょう。

 

 

自分の仕事について積極的に発信していく

これは以下の上司への対処法になります。

 

自分が携わっている仕事や現状取り組んでいることを積極的に発信することで、上司にとってのあなたの存在感を高めます。

 

存在感を高めることによって、自ずとあなた自身の理解も高まるはずです。

 

自分の仕事や取り組みを積極的に発信することで、あなたに対する適正な評価と状況の理解につながります。

 

 

理解できるまで確認をする

これは以下の上司への対処法になります。

 

自分の考えを言語化できない上司なのであれば、根気強く理解できるまで確認をしましょう。

 

「〇〇ですか?」「〇〇でないとすれば、△△でしょうか?」「△△でもないとなると、◇◇ということでしょうか?」というように、上司の考えを具現化すべく確認を重ねていくことが大事です。

 

何度も上司に確認することで、間違えなくあなたがやるべきことを把握することにつながります。

 

 

上司の仕事の成果につながるということをアピールする

これは以下の上司への対処法になります。

 

上司の成果につながる、つまり上司のメリットをアピールすることで、上司が行動するように背中を押しましょう。

 

上司という立場だからこそ、その状況を守りたいという気持ちが働くものです。

 

「行動することで今以上のメリットを手にできる」ことを理解させることで、上司に行動を促せるでしょう。

 

 

部署公式のグループチャットを開設する

これは以下の上司への対処法になります。

 

誰でも見ることができる場所でコミュニケーションを図ることで、責任の所在が明確となり、またオープンなやりとりができます。

 

グループチャット上を公式の場とすることで、上司を巻き込むことができ、上司の暗躍を阻止できます。

 

公にやり取りできる場を設けることで、責任をなすりつけられたり、偏ったコミュニケーションを防ぐことにつながるでしょう。

 

 

自分が抱えている悩みや問題を発信する

これは以下の上司への対処法になります。

 

あなたが抱えている悩みや問題を上司に発信する(アラートを送る)ことで、上司の問題意識を高めリーダーシップの発揮につながります。

 

無能な上司は部下の悩みや不安を読み取れないため、自分から知らせることで認識を植え付けます。

 

ネガティブな情報を発信することは、何かトラブルがあった際に自分自身の身を守る術となります。
(上司には問題を報告していたというエビデンスになります。)

 

 

上司の中には、マニピュレーター上司というヤバイ上司もいます。

マニピュレーター上司とは?職場のフリーザ に気を付けろ!【解説】

続きを見る

 

 

”無能な上司への対処法”は成果を出し、身を守るためのもの

ここまで紹介した”無能な上司への対処法”を見ると、上司をサポートするためだけのものに感じるかもしれません。

 

しかし、そうではありません。

 

上司を利用して自分の仕事で成果を出すためであり、かつ不当な責任の押し付けから自分の身を守るためのものなのです。

 

そのため、無能な上司に対してほど対処法を講じることが重要になります。

 

 

無能な上司のせいであなたの可能性が潰えてしまいそうであれば、転職した方が将来的にはプラスです。

 

 

 

無能な上司は自分の無能さに気が付かない

部下から見て無能な上司であっても、上司は自分の無能さには気づかないものです。

 

 

無能な上司ほど、鈍感力が高いからです。

 

 

だからこそやっかいなのですが、それが真実なのです。

 

 

だからこそ、もし運悪く無能な上司の下で仕事をすることになってしまったのなら、いつでも逃げ出せるように自分の能力を磨いておくことをオススメします。

 

 

能力のある人であれば、むしろ活躍できる環境が他にもあるはずですから。

 

 

どうしても今の上司に耐えられないのであれば、転職が最善の道でしょう。

人気記事
状況に合わせたオススメの転職エージェントがこちら【パターン別】

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

KEI

仕事やキャリア、生活などに役立つ情報を科学や雑学を交えて発信しています。 仕事の仕方、時間の使い方、コミュニケーション、キャリア形成、睡眠、食事、フィジカルケア及びメンタルケアなどを基にハタラクのアップデートを目指します。 プロフィールはこちら

-仕事
-,

Copyright© ハタラクを考えるブログ , 2020 All Rights Reserved.