転職

「面接がボロボロだった」面接で惨敗してしまう2つの原因とは何か?

投稿日:

 

はぁ~。
キャリ子

 

 

KEI
溜息なんかついて、どうしたんですか?

 

 

あ、すみません。
キャリ子
実は、私が転職サポートしている方が今日面接だったんですけど、出来がボロボロだったみたいで…。
キャリ子

 

 

KEI
それは残念でしたね。

 

 

コミュニケーション力は高いと思うし、印象も良い方なんですけどねぇ…。
キャリ子

 

 

 

KEI
往々にして、面接の出来がボロボロになるのは2つのことが原因として考えられます。

 

 

2つのことですか?
キャリ子

 

 

KEI
はい、それによってどんなに優秀な人でも面接に惨敗してしまう可能性があるのです。

 

 

ちなみにその2つの原因って何でしょうか?
キャリ子

 

 

KEI
それでは、「面接で惨敗してしまう2つの原因」について解説していきましょう。

 

この記事を読んでほしい人

  • これから面接を控えている人
  • 先日の面接の出来が悪かった人

 

 

面接がボロボロに終わってしま2つの原因

 

出来がボロボロで、正式な結果が出ずとも見送りであろうことが分かるような面接を経験したことはありませんか?

 

 

「緊張していた」というだけでは説明できないほどに、面接でパフォーマンスを発揮できないという人は少なくないでしょう。

 

 

では、なぜ面接で惨敗を招いてしまうのでしょうか?

 

 

それはほとんどの場合、この2つのことが原因としてあるからです。

準備不足

体調不良

 

この2つが面接での出来をボロボロにする主な原因なのです。

 

 

実際に僕が転職サポートをしていた方の中で、結果的に面接で惨敗した人たちに状況を改めて聞いてみると、ほとんどの人がいずれかに当てはまっていました。

 

 

では、なぜこの2つのことによって面接でのパフォーマンスが著しく低下してしまうのでしょうか?

 

 

\転職するならDODAがオススメ/

DODA 転職者満足度No.1

 

 

準備不足

 

面接がボロボロだったという人ほど面接準備をしていません。

 

そして面接の準備で重要なことは2つです。

 

面接準備においては、以下の2つのことが必要になります。

  • 面接練習
  • 情報収集

 

この2つをしっかり行うことで、面接への準備が完了するといっても過言ではありません。

 

しかし、面接で惨敗する人ほどこれらを行わないのです。

 

面接準備をしなかったために笑顔も出せず、自己紹介もまともにできないなんて人もいるのです。

参考 面接での笑顔の重要性とは?効果的な笑顔とは?【解説】

参考 面接での自己紹介において話す内容がどうでもいい理由とは?

 

 

面接練習

面接というと、他人に自分のことを話すだけなので簡単な感じがしてしまいます。

 

しかし、実際にやってみると分かりますが、自分のことを相手に理解してもらえるように伝え、かつ良い印象を抱いてもらえるようにするというのはとても難しいことです。

 

営業をしている人なんかは得意そうな感じがしますが、案外そうでもありません。

 

というのも、普段、自社の商品やサービスについて話すことはあっても、自分のことについて他人に話すという機会はほとんどないため、自分語りには慣れていないからです。
(多分、何の準備もせず自分語りをしてみると、いかに自分について理解していないかが分かるのではないでしょうか。)

 

そのため、面接を想定した練習=自分語りの練習が大事なのです。

 

面接の練習法についてはこちらを参考にしてください。

参考 転職エージェントが教える合格率を高める面接練習法3選【解説】

 

 

情報収集

面接においては、情報を携えているかいないかで結果が大きく左右されます。

 

面接とは、採用を希望する企業自身が欲しているものにその人材が適しているか否かを見極める作業です。

 

そのため、その企業が欲しているものが何かを把握・理解しておく必要があります。

 

またそれに伴って、企業が欲しているものを面接を受ける自分自身が有しているのかも把握・理解しておかなければいけません。

 

この2つを把握・理解せずに面接を受けてしまえば、相手が望んでもいないモノをひたすら勧めるという行為に終始してしまうわけです。

 

だからこそ、面接においては情報収集が大事なのです。

 

忙しくて情報収集の時間がなくても、1時間だけあれば準備はできます。

参考 面接準備は1時間あれば十分!この2つを押さえておけばOK【解説】

 

 

補足として

ここまで面接における準備の重要性について話してきましたが、ポジティブ思考の人ほど面接準備を怠る傾向があることは言及しておきましょう。

 

ポジティブ思考自体は悪くはないのですが、そういう人ほど「面接本番になればなんとかなる」と考えがちです。

 

これは、”楽観バイアス”と言われるものであり、人は何の根拠もなく「未来は今よりも良くなる」と思ってしまいます。

 

それゆえ、面接準備に必要性を感じないのです。

 

一方で、ネガティブ思考の人の方が面接準備をする傾向があります。

 

人は不安を感じるからこそ、前もって対策を講じようと考えるのです。

 

つまり、面接を前にしてポジティブでいられる人よりもネガティブでいられる人の方が、結果的に面接でのパフォーマンスは良いと考えられます。

 

 

 

体調不良

 

面接がボロボロだったという人ほど、体調が優れないまま面接を受けてしまっています。

 

これは当たり前のことですが、体調が悪いと何事においても良いパフォーマンスは発揮できません。

 

つまり、こと面接という普段以上に緊張も高まる状況においては尚更良い結果を期待することは難しいものです。

 

ただ、中には前日の残業がたたっていたり、風邪気味であったりと、体調が優れないままに面接に臨んでしまう人がいます。

 

だからこそ、面接の前日は仕事であってもあまり無理はせず、十分に睡眠を取った上で当日臨めるように準備すると良いでしょう。

 

 

 

面接での出来は準備で9割決まる

 

面接でボロボロの惨敗に終わるのは、明確に準備不足が原因だと言えます。

 

 

面接での出来は準備で9割決まると言っても過言ではないでしょう。

 

 

しっかりと準備さえしておけば、全くダメだったということにはならないはずです。

 

 

しかし、面接を甘く考えて準備不足で面接に臨む人が少なくないものです。

 

 

もしあなたが面接を予定しているのであれば、入念に準備をして臨むことをオススメします。

 

面接を惨敗に招く原因

 

 

準備不足が面接での失敗を引き起こします。

「面接の失敗談」みんなはどんな失敗をやらかしているのか?【紹介】

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

KEI

仕事やキャリア、生活などに役立つ情報を科学や雑学を交えて発信しています。 仕事の仕方、時間の使い方、コミュニケーション、キャリア形成、睡眠、食事、フィジカルケア及びメンタルケアなどを基にハタラクのアップデートを目指します。 プロフィールはこちら

-転職
-,

Copyright© ハタラクを考えるブログ , 2021 All Rights Reserved.