転職

【解説】面接時間が短くても不採用とは限らない。面接時間が短いワケ

更新日:

 

面接がすぐ終わった場合、やっぱりお見送りでしょうか?
キャリ子

 

 

KEI
どうかしましたか?

 

 

いや、私が担当してる方の面接時間が15分くらいだったそうで、そんなに短いっていうことは見限られたんじゃないかと本人が心配してて・・・。
キャリ子

※キャリ子は転職エージェント勤務

 

 

KEI
確かに面接を受けたとき、面接時間が10分~15分と短いと「あぁ、面接落ちた・・・」となりますね。
KEI
僕も新卒の頃、面接で自己紹介と自己PRだけを聞かれ10分ほどで終わったことがあり、面接室を出た瞬間に不採用だと確信した記憶があります。

 

 

じゃあやっぱり、面接時間が短いってことは不合格なんですね・・・。
キャリ子

 

 

 

KEI
いえ、意外かもしれませんが、面接時間の長短は面接の合否に関係ないのです。

 

 

 

え、関係ないんですか?!
キャリ子

 

 

KEI
はい。関係ありません。

 

 

でも、なんで面接時間が極端に短いことがあるんですか??
キャリ子

 

 

KEI
それでは、「なぜ面接時間が短いのか?」について解説していきましょう。

 

 

 

なぜ面接時間が短いのか?

企業の採用に携わっていると選考中の状況や情報を聞くことが多いものです。

 

 

そのため、その面接がどういう意味合いを持つのか、どういう位置づけなのかということも知ることができます。

 

 

すると、面接時間が短い理由がネガティブなものだけではないこともあります。

 

 

面接の感触がポジティブなために短かったり、そもそも短い設定だったりということもあります。

 

 

では、面接時間が短いのはどのようなケースなのでしょうか。

 

 

求人を探しても、自分が希望する求人に巡り会えないことってありませんか?

【方法】転職したいのに求人がない時に試してみるべきことはコレ

続きを見る

 

 

面接が短い理由

面接時間が短いことは、必ずしも悪い結果につながるわけではないのです。

 

むしろ良い結果が待っているからこそ短いということもあります。

 

ちなみに僕が面接同席をした際、実際に面接時間が短かったケースがいくつかあります。

 

そこで、面接時間が短かった理由をいくつか洗い出しました。

すでに合格ラインに達している

第一印象を重視している

面接を受ける人の主体性次第

よほど印象が悪かった

 

このような理由により、面接の時間が短いということがあります。

 

この4つの理由について、詳しく説明していきましょう。

 

 

すでに合格ラインに達している

特に最終面接の場合、一次面接や二次面接の時点である程度合格の目処をつけていたということがあります。

 

そのため、面接は意味合いとしては「顔合わせと確認」だけになります。

 

このケースは一次面接や二次面接ではほとんどありませんが、最終面接で見受けられることが多いです。

 

この場合、よっぽど印象が悪かったりヘマをしない限りは、不合格になることはないでしょう。

 

”ボーナスステージ”ととらえていいでしょう。

 

 

面接を受ける人次第

企業側から質問をするのではなく、面接者からの質問に時間を使うような面接の場合のことです。

 

面接者が「何をどういう意図で質問するのか?」という主体性や論理性をみることを前提としているため、面接を受ける側が質問することがない場合は、結果的に面接時間は短いものになります。

 

質問がない、または少ない場合、主体性や企業に対する興味も無いと判断され、結果見送りになる可能性が高いでしょう。

 

このようなケースはあまりありませんが、たまに事前の説明なしにこのような面接が行われることがあります。

 

そのため、面接を控えている場合は必ず質問を用意していった方がいいでしょう。

 

”質問”は、面接における武器の一つです。質問を制する者が面接を制すと言っても過言ではありません。

関連記事 【解説】「面接で質問をする意味はあるの?」質問が面接を有利にする

 

 

第一印象を重視している

中小企業(社長が体育会系)で多いですが、第一印象のみ決めるような面接です。

 

このパターンだと、最初の挨拶や受け答えの印象が良いか悪いかで判断するため、面接は短いものになります。

 

そのため早々に面接は終わり、あとは雑談に終始するということが多いです。

 

とても雑な感じもしますが、科学的には案外この方法でも一般的な面接(ガッツリ質問するような面接)と効果はさほど変わらないとも言われています
(これについては、「【感想】「ワーク・ルールズ」を読み、良い職場とは何かを考えてみた」で書いています。)

 

当たり前ですが、笑顔が素敵な人ほど第一印象が良いものです。笑顔の効果を認識していますか?

関連記事 面接での笑顔の重要性とは?効果的な笑顔とは?【解説】

 

 

よっぽど印象が悪かった

第一印象がものすごく悪かったり、あまりに緊張してあいさつすらまともにできなかったりすると面接が短いことがあります。

 

これだけは避けた方がいいケースです。

 

しっかり準備をしていったにも関わらず、ここで引っかかってしまうと取り返しがつきません。

 

面接時間があれば挽回することも可能ですが、打ち切られてしまうような面接ではどうしようもありません。

 

服装は相手に印象付ける強いツールになります。服装には気を配りましょう。

参考 【解説】転職時の面接におけるマナー。服装で印象を良くする方法

 

 

 

短い面接を乗り切る準備

先ほど伝えたように、短い面接にはネガティブなものだけでなく、ポジティブなものもあります。

 

 

しかし、「合格を前提として顔合わせ」のための面接でない限り、短い時間の中でアピールしなくてはいけません。

 

 

そこで重要になってくるのがこちらの2つです。

質問を用意していく

印象に気を付ける

 

 

面接練習は必須ですが、一人で面接の練習するのって難しいですよね。

それなら転職エージェントを活用して、徹底的に面接対策することで合格率UPにつなげましょう。

オススメ
状況に合わせたオススメの転職エージェントがこちら【パターン別】

続きを見る

 

 

質問を用意していく

まずこちらですが、少なくとも3つ以上質問を考えていきましょう。

 

面接者側に比重が置かれた面接の場合、質問が全く無いと必然的に面接が早く終わり、見送られてしまいます。

 

そもそも面接で一つも質問がないということは、「御社にそこまで興味を持っていません」と言っているのと同じことです。

 

質問によって面接を挽回することもできるのです。

参考 【解説】「面接の流れを引き戻す魔法の質問」コレで合格率がUP!!

 

 

印象に気をつける

先ほども伝えたとおり、面接の合否を左右するのは「印象」です。

 

これは言わずもがなですが、印象が悪い人を採用したいとは思いません。

 

だからこそ、表情を明るくしたり、はっきり受け答えする方が、回答の内容が良いこと以上に重要になるのです。

 

せっかく良い印象を与えられたのに、本音を話してしまって印象悪化させることはやめましょう。

参考 【解説】面接の志望動機で本音を話すのはNG。話すべきことはコチラ

 

 

 



短い時間で強くアピールしよう

面接では、限られた時間でいかに自分を印象付けるかが大事です。

 

 

この記事で伝えたように、かなり短い面接というのはあります。

 

 

しかし、そのような状況こそ強く自分をアピールすることが求められます。

 

 

そのため、先ほど伝えたように「質問をする」ことと「印象を良くする」ことで、自分自身の印象を際立たせましょう。

 

 

また、仮に面接時間が短くても、それで悲観的になる必要はありません。

 

 

良い結果が待っているからこそ、面接が短いのかもしれません。

 

 

面接が短い理由

すでに合格ラインに達している

第一印象を重視している

面接を受ける人の主体性次第

よほど印象が悪かった

 

改めて面接時間が短い理由を把握しておきましょう。

 

 

面接に不安を感じられる人の方がうまくいく可能性が高いものです。なぜだか分かりますか?

【理由】「面接が苦手」不安を感じる方が面接はうまくいくのはなぜ?

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

KEI

仕事やキャリア、生活などに役立つ情報を科学や雑学を交えて発信しています。 仕事の仕方、時間の使い方、コミュニケーション、キャリア形成、睡眠、食事、フィジカルケア及びメンタルケアなどを基にハタラクのアップデートを目指します。 プロフィールはこちら

-転職
-, ,

Copyright© ハタラクを考えるブログ , 2020 All Rights Reserved.