転職

たった1時間でできる面接準備!この2つを押さえておけばOK【解説】

更新日:

 

もっとちゃんと面接の準備をしてくれたらなぁ・・・。
キャリ子

 

 

KEI
どうしたんですか?

 

 

私が転職サポートをしていた人なんですけど、せっかく書類選考通過して面接に行ったのに、全然準備をしなかったために第一希望の企業から見送られてしまったんです。
キャリ子

 

 

KEI
そうでしたか、それは残念でしたね。

 

 

あれだけ「ちゃんと面接の準備をしましょうね!」って言ったんですけど、仕事の忙しさを言い訳にしなかったんですよね。
キャリ子

 

 

KEI
でも実際、仕事をしながら面接準備をするのって大変ですよね。

 

 

まぁそうなんですけど、でもそうは言ってもちゃんと準備しないと受かるもんも受かりませんからね。
キャリ子

 

 

KEI
しかし準備って最低1時間あればできなくもないと思うんですよね。

 

 

たった1時間で、ですか?!

それはいくらなんでも無理じゃないでしょうか・・・。

キャリ子

 

求人内容を確認して、企業の事業内容を調べて、自己紹介や志望動機とかいっぱい考えなきゃいけないんですよ?
キャリ子

 

 

 

KEI
確かにほとんどの人は面接っていうと、そのように色々と調べたり、考えたりするものです。
KEI
でも面接に際して本当に押さえておくべきことは、たった2つで十分なのです。

 

 

 

え、たった2つですか?
キャリ子

 

 

KEI
はい、それだけです。

ですので、1時間もあれば準備はできるはずです

 

KEI
ということで、「面接準備で押さえておくべき2つのこと」について解説していきましょう。

 

 

 

面接準備で押さえておくべき2つとは?

面接準備は色々と面倒ですよね。

 

 

冒頭でも挙がったように、企業研究、求人確認、自己分析、自己アピールなど色々と考えなければならないことが多いです。

 

 

でも実は、この2つを押さえておけばいいのです。

企業が求めるもの

自分ができること

 

ここに挙げた「企業が求めるもの」と「自分ができること」、この2つだけを確認し、面接で言及できるようにしておけば、面接の8割ほど準備ができたと言っても過言ではないでしょう。

 

 

ではここからは、それぞれについて説明していきます。

 

 

企業が求めるもの

まず”企業が求めるもの”についてですが、これは「企業がどんな人を求めているのか?」ということです。

 

基本的には求人内容や採用情報の中で、「必要な経験・能力」「求める人物像」という項目に記載されています。

 

そしてそこに書いてある内容こそが、企業が求める人ということです。

 

ちなみに、いくつかの企業の求人における募集要項を例に挙げます。

  • 物事を前向き、多面的に捉えられる人
  • 社会貢献性の高い仕事に携わりたい人
  • 快活なコミュニケーションスキルをお持ちの方
  • コツコツと真面目に辛抱強く業務がこなせる方
  • 目標に向かってチームで協力して最後まで取り組める人
  • 短期間での目標設定~振り返りをする組織での実務経験を有する人

 

これらがその企業が求める人材であり、押さえておくべきことの一つ目です。

 

ちなみにこのような記載がなく、「営業経験をお持ちの方」というようなことだけという場合があります。

 

基本的にこのような場合は明確な人材像がなく、あくまでポテンシャル重視(印象重視)ということになります。

 

ポテンシャル重視の採用においては、印象が合否を左右します。

参考 【解説】転職時の面接におけるマナー。服装で印象を良くする方法

 

 

自分ができること

続いて”自分ができること”についてですが、これは「経験に基づいた能力やスキル」のことです。

 

そしてこれを、一つ目の募集要項に記載されている「企業が求める人材」に当てはめるのです。

 

企業が求める人材に対して、「自分は求めている人材にピッタリだ。なぜなら〇〇ができるから」ということを考えるのです。

 

しかし、単に「〇〇ができます」と言っても信憑性に欠けるので、その背景をイメージできるストーリー(経験したこと)に基づくことが重要です。

 

例えば、先ほど募集要項で挙げた例をもとに考えてみましょう。

 

求める人物像:
物事を前向き・多面的に捉えられる人

 

この場合、「経験に基づいた能力」を示すためには、以下のように伝えることが必要になります。

私は常に前向きに考え、広い視野を持って物事に取り組めると自負しております。

私は一時期営業の成績が3ヶ月ほど低迷するということがありましたが、自己改善に努めれば必ず営業成績も上向くと思い自身に欠けている点や直した方が良い点を上司や先輩に聞き、10人の方々からアドバイスをいただきました。

そしてそこで得たアドバイスを基に、共通して挙がった「人の話を聞く際の頷き方」、「自分が話す時の声の大きさ」、「テレアポの量の少なさ」という点を徹底的に改善しました。

そうしたことで、徐々に営業成績が上がり、改善から3ヶ月目には営業目標を120%達成することできたのです。

このようなことから、改めて私は常に前向きに考え、広い視野を持って物事に取り組むことで御社に貢献できると考えています。

 

このように、自分ができることをストーリーと共に考えることが、押さえておくべきことの二つ目です。

 

自分の強みを伝えることは大事ですが、あなたは本当に自分の強みを認識できていますか?

参考 【診断】ビッグファイブ理論!コレであなたの本当の強みが分かる?!

 

 

面接の準備に際して

改めて面接準備に際しては、その企業が求める人とはどういう人なのか、そして自分の能力はその企業が求めるものに合うのだということをストーリーに基づいて示すことだけを考えればいいのです。

 

 

しかしここで一つ疑問があるかと思います。

 

 

「この2つだけを押さえておけばいいのか?」ということです。

 

 

「面接対策」は転職エージェントを使うのが手っ取り早いです。

オススメ
状況に合わせたオススメの転職エージェントがこちら【パターン別】

続きを見る

 

 

 

この2つだけをやればいい理由

面接準備において、なぜ「企業が求めるもの」と「自分ができること」だけを押さえておけばいいのでしょうか?

 

 

それは、面接で聞かれる質問の8割方はこの2つのことに共通しているからです。

 

 

つまりこの2つのポイントを押さえてさえおけば、どんな質問に対しても回答ができるということです。

 

 

これを理解するためには、面接で聞かれる質問と、質問の背景を知る必要があります。

 

 

面接の際に聞かれる質問とは?

面接で聞かれることというのは、大体決まっています。

 

おそらくこのようなものです。

  • 強み/弱み
  • 現在の仕事について
  • 過去に苦労したこと(失敗体験)
  • 過去に成し遂げたこと(成功体験)
  • 入社してやりたいこと

 

そしてこれらの質問は、全て「企業が求めるもの」と「自分ができること」に関係しているのです。

 

面接の際には、企業に対して行う質問を必ず考えていきましょう。

関連記事 【解説】「面接で質問をする意味はあるの?」質問が面接を有利にする

 

 

質問の意図を理解する

このように、どんな質問も「うちの会社は〇〇ができる人(〇〇という人)が欲しいけどあなたはどうなの?」ということを聞いているのです。

 

先ほど挙げた面接でよく行われる質問ですが、例えば強みも「あなたは何ができるのか?あなたはどんな人なのか?」を示すためのものです。

 

また、過去の失敗体験や成功体験も同様です。

 

例えば、過去の失敗体験を聞かれたとしましょう。
※求める人物像:コツコツ物事に取り組める人

「〇〇さんが過去にした失敗体験をお聞かせください。」

「恥ずかしながら、私は現職でお客様への納品日を1ヶ月誤って認識していたため、納品予定日に商品をお渡しすることができませんでした。

その際のクレームもあり、お客様からお取引の停止を言い渡されてしまいました。

しかし私はお客様との取引再開をすべく、お客様へのお詫び後も毎週3回お客様先に顔を出しました。

もちろん当初は門前払いされましたが、それでもお客様に役立ちそうな情報をまとめた資料などを持参し、通い続けることをしました。

そのようなことを1ヶ月ほどした時、お客様から連絡を受け伺ってみたところ、それまでの私の行動を評価してくれたということで、取引再開いただけるとことになりました。

私はこの一件でお客様はもちろん、自社にも多大な迷惑を掛けましたが、この失敗を通じて地道に行動することの大事さを学び、これ以降私は何事にもコツコツと取り組むことをモットーとしております。」

 

あくまで一例ではありますが、このように面接での質問とは結局のところ、あなたという人物が、その企業が欲しい人物に合うか合わないかを見極めているだけなのです。

 

ここで解説したようなことから、面接においては「募集要項」と「自分ができること」だけに集中して準備すればいいのです。

 

その企業が求める人材像を確認・把握し、それにマッチした自分の能力やスキル、人物面をアピールすれば、企業が知りたいことに対して自ずと答えることにつながります。

 

面接で志望動機や自己紹介を話す場合も、これに則って答えるようにしましょう。

関連記事 【解説】面接の志望動機で本音を話すのはNG。話すべきことはコチラ

関連記事 【理由】「面接での自己紹介」何を話すかなんてどうでもいいワケ

 

 

 

スポンサーリンク


他のことに惑わされないことが大事

面接というと、色々と準備や対策を立てようとします。

 

 

しかし目的が複数になると、企業が求める本質的な答えからずれたものばかりを用意することになってしまいます。

 

 

色々な質問を想定して対策を立てることは大事なことです。

 

 

しかしそれによって、自分という人がどんな人なのかがブレてしまい、結果的に自分が何者なのかを伝えられずに面接を終える人は少なくなりません。

 

 

面接とは時間を掛けて準備をすることよりも、本質的に伝えるべきことは何なのかを考えることが大事なのです。

 

 

この点を踏まえて面接に臨むことで、面接の合格率は上がるはずです。

 

 

自己分析に際して便利なツールがこちらです。

クロノタイプとビッグファイブで本当の自分自身に気づけるはずです。

人気記事
クロノタイプに合わせた生き方が重要!自分のタイプは?【診断】

続きを見る

オススメ
【診断】ビッグファイブで自分の本当の性格を知ろう!意外な結果が?

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

KEI

仕事やキャリア、生活などに役立つ情報を科学や雑学を交えて発信しています。 仕事の仕方、時間の使い方、コミュニケーション、キャリア形成、睡眠、食事、フィジカルケア及びメンタルケアなどを基にハタラクのアップデートを目指します。 プロフィールはこちら

-転職
-

Copyright© ハタラクを考えるブログ , 2020 All Rights Reserved.