転職

【解説】「面接で質問をする意味はあるの?」質問が面接を有利にする

更新日:

 

「面接では質問した方がいいですか?」

「面接でこちらから質問しないといけないですか?」

 

転職サポートをしている方からよくこのような相談を受けるんですけど、質問ってした方がいいんですか?
キャリ子

 

 

KEI
確かに、「面接時の質問」に対して疑問を持っている人は多いですね。

 

 

でも、質問したいとがないことってあるじゃないですか?

そういう時は特に質問しなくてもいいんですよね?

キャリ子

 

 

 

KEI
どんでもない。

面接では絶対に質問した方がイイのです。

 

 

 

絶対にですか?

でも何で絶対質問すべきなんですか?

キャリ子

 

 

KEI
はい。面接では質問した方が評価されます。

それでは、「面接における質問の意味と理由」について解説していきましょう。

 

 

 

面接で質問をする意味

あらためて面接で質問をする意味とはなんでしょうか?

 

 

それは、面接で有利になることです。

 

 

しかし、なぜ”面接で質問することで”有利になるのでしょうか?

 

 

面接に際しては、面接ノウハウを持っている転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

オススメ
状況に合わせたオススメの転職エージェントがこちら【パターン別】

続きを見る

 

 

 

なぜ面接で質問することで有利になるのか?

面接で質問することで有利になる理由は2つあります。

相手に良い印象を与える

その会社を判断できる

 

それぞれについて解説していきます。

 

 

相手に良い印象を与える

そもそも面接の合否を左右するのは、印象のみだとされています。

 

そのことは、こちらの実験から証明されていると言えるでしょう。

トレド大学で心理学を学ぶトリシア・プリケットとネハ・ガダ=ジェインはフランク・ベルニエリ教授と共同で研究を進め、2000年、面接の結果は最初の10秒で下された判断から予測できると述べた。

 

2人は実際の面接のビデオを録り、短く編集したものを被験者に見せることによってそれを発見した。

 

それぞれの面接ビデオをもとに、受験者がドアをノックするところから始まり、席について10秒後で終わる薄切りビデオが作られ、実験を知らされていない被験者に示された。

 

被験者は、採用可能性、適性、知力、意欲、責任感、信頼性、冷静さ、人格的温かみ、礼儀正しさ、好感度、表現力の評価表を渡されていた。

 

すると、11の評価項目のうち9項目について、薄切りビデオによる判断と実際の面接者の最終評価とが有意に関連していた。

 

このように、握手や簡単な自己紹介から得られる第一印象は、(あらかじめ質問項目などを決めて行う)構造的採用面接の結果を予測させるものだった。

 

要するに、ほとんどの面接が時間の無駄なのは、面接者が最初の10秒で得た印象を確証するために99.4%の時間が費やされているからなのだ。

 

引用元 ワーク・ルールズ! ―君の生き方とリーダーシップを変える ー 著者 ラズロ・ボック(P148)

 

このことから、面接ではいかに印象を良くするかがもっとも大切なのです。

 

そして質問することが、さらなる印象アップに貢献してくれます。

 

そこで、質問をするにあたって大事なポイントがこちらになります。

質問の数

セルフ・ブランディング

ハロー効果

 

 

笑顔と印象は切っても切れない関係です。面接では”笑顔”が重要です。

面接での笑顔の重要性とは?効果的な笑顔とは?【解説】

続きを見る

 

 

質問の数

質問を多くする人ほど、相手に良い印象を与えることができます。

 

これは、2017年に行われたハーバード大学がお見合いパーティーを調査した研究でも、質問の数が多い人ほど異性から好印象だったそうです。

 

やはり質問をしない人よりも、質問をする人の方が好印象になるということです。

 

もし面接で大失敗したとしても、最後に”質問”で巻き返すことができます。

参考 【解説】「面接の流れを引き戻す魔法の質問」コレで合格率がUP!!

 

 

セルフ・ブランディング

質問することで、ニーズを引き出し、それに対してアピールすることが大事です。

 

例えば、こんな感じです。

あなた「採用いただいた際に行う予定の業務は何ですか?」

面接官「〇〇を予定しています。」

あなた「そうですか、ちなみに私は■■という経験(強みなど)があるのですが、〇〇の業務で活かせそうでしょうか?」

 

しかし、面接というアピールの場だとこういったトークになりがちです。

「私は○○をしてきた経験から、■■ができます」

 

このように、自分をすごく見せることは逆効果になります。
(自意識過剰に受け止められる可能性があります。)

 

あなたもこんな人と出会ったことがあるかと思いますが、印象はどうでしたか?

 

もし、いい気分にならなかったのであれば、それが面接官が持つ印象だということです。

 

またこれはちょっとしたテクニックになりますが、面接中に相手が使った単語を繰り返すように質問を返す(バックトラッキング)ことは重要です。

 

なぜなら、相手の話をちゃんと聞いているという印象を伝えることができ、親近感や信頼感につながるからです。

 

服装によて狙った印象を与えることができるって知ってました?

参考 【解説】転職時の面接におけるマナー。服装で印象を良くする方法

 

 

ハロー効果

人の評価は、たった一つの特徴で決まることがあります。

 

これも”質問することでニーズを引き出し、それに対してアピールする”ことに通じることで、自分の特徴を発信するための質問を行ないましょう。

 

例えば、こんな感じです。

あなた「私は〇〇の経験を基に、貴社で■■を行えるのではないかと考えておりますがいかがでしょうか?」

面接官「そうですね。■■ということも可能ですが、▲▲の方が適しているでしょう。」

 

このように、「自分の特徴を発信をするための質問」を用意することが大事です。

 

ただし、この前の「セルフ・ブランディング」のところで説明したように、妙に自信満々に映らないように気を付けましょう。

 

自己PRに関して詳しく知りたい人はこちらの記事をどうぞ。

参考 【解説】経験や実績はむしろ要らない!面接での戦略的自己PRの方法

 

 

その会社を判断できる

「御社のキャリアパスについて教えていただけますでしょうか?」

「5日の有給取得が義務化されましたが、御社ではどのようにして有給取得のスケジューリングをしているのでしょうか?」

 

このような”会社を判断するため”の質問は、自分がその会社に入ったとき「納得して仕事ができるのか、楽しく働けるのか、活躍して給料を上げられるのか」を見極める材料になります。

 

このような質問は会社に対して疑問を投げかけるため、どうしても嫌らしい印象を与えてしまいます。

 

しかし”会社を判断するため”の質問”から得られる情報が、自分にとってもっとも有意義なものであるのも事実です。

 

ちなみに、ほとんどの面接官は質問することは得意ですが、意外と質問されることには慣れていません。

 

そのため、質問をしたときの、面接官の回答の内容や状態を見ることで真意をうかがい知ることができるかもしれません。

 

面接官は自分たちにとって都合の悪い質問をされると交わそうとしますが、面接官にこれらの反応が見えた場合は注意が必要です。

回答に整合性が欠ける

早口になる

手のひらを隠す

男性なら目を合わせない/女性ならじっと見つめてくる

 

このような行為をともなった回答の場合、「嘘または考えていない可能性」があると言えます。

 

しっかり考えている会社は、面接官であってもしっかり答えることができるものです。

 

したがって、”会社を判断するため”の質問に対して疑問が生じる回答しか得られない場合は、もし転職したとしても自分が求める環境とは全く異なる可能性もあると言えます。

 

面接以外にも会社を判断するためのポイントがあります。

関連記事 「企業の選び方」転職活動時に本当に見るべきポイントはコレ【解説】

 

 

 



質問が面接を制する

僕自身、面接官として面接をすることがあります。

 

 

その実体験からも、質問をしてくれる人の方が好印象を持ちます。

 

 

人は、自分に興味を持ってくれる人へ好意を持ちます。

 

 

おそらく面接以外のシチュエーションでも同じでしょう。

 

 

つまり質問をすることは、相手への好意を示す行為なのです。

 

面接での質問の意味

相手に良い印象を与えるため

その会社を判断するため

 

面接が控えている人は、質問を考えて臨みましょう。

 

 

面接で自己紹介の内容について悩む人は多いですが、内容は大して重要ではありません。

【理由】「面接での自己紹介」何を話すかなんてどうでもいいワケ

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

KEI

仕事やキャリア、生活などに役立つ情報を科学や雑学を交えて発信しています。 仕事の仕方、時間の使い方、コミュニケーション、キャリア形成、睡眠、食事、フィジカルケア及びメンタルケアなどを基にハタラクのアップデートを目指します。 プロフィールはこちら

-転職
-, ,

Copyright© ハタラクを考えるブログ , 2020 All Rights Reserved.