お金

【解説】お金に執着すると、なぜ他人に悟られて嫌われてしまうのか?

更新日:

 

この前のデートは失敗だったなぁ・・・。
キャリ子

 

 

KEI
どうしたんですか?

 

 

実はこの前デートした人なんですけど、1円単位まで割り勘でケチだなぁって。
キャリ子

 

 

KEI
なるほど。

そういえば昔親から「お金に卑しいと人に嫌われるよ」って言われたことはありませんか?

 

 

そういえば、あるかもしれません。

でも、それがどうしたんですか?

キャリ子

 

 

KEI
僕も昔、「お金に対して欲望を剥き出しにしたり、ガツガツしたり、お金に執着すると人様から敬遠されるよ」とおばあちゃんに言われたことがあって。
KEI
でもその時は、「それだけで嫌われるわけないだろう」と正直子供ながら思ったんですよね。

 

 

まぁ迷信ですよねぇ。
キャリ子

 

 

 

KEI
でも実は、お金を意識すると他人から嫌われるようなんです。

 

 

 

”意識するだけで”、ですか?
キャリ子

 

 

KEI
はい。

口に出さずとも、お金に執着しただけで本当に嫌われるみたいなんです。

 

 

なんか呪いみたいでコワいですね・・・。

でも、なんでそんなことになるんでしょうか?

キャリ子

 

 

KEI
それでは、「お金のことを意識すると、なぜ他人から嫌われるのか?」について解説していきましょう。

 

 

 

なぜお金を意識すると他人に嫌われるのか?

誰しもお金が欲しいものです。

 

 

お金を稼ぐために仕事をしていますし、夢や希望を叶えるためにお金を求めると言っても過言ではありません。

 

 

しかし先ほど伝えたように、お金のことを考えるだけで他人から嫌われてしまうのです。

 

 

それが、こちらの実験で判明しました。

香港理工大学の論文において、お金とお金以外のもの(貝殻)を見せた時、お金を見た人は感情を隠そうとする傾向があったということです。

 

また他の実験、お金にまつわる単語(給料、ボーナスなど)を多く見せられた被験者ほど、他人を助けるまでの時間が多くかかり、募金する傾向も低くなりました。

 

参照 「人は金で変わる」ことが科学的にあきらかに! お金で心が変わる4つの原因 ー バズプラスニュース

 

この実験と論文から言えることは、感情を抑えることで、人間味を失ってしまうのではないかということです。

 

 

つまり、お金のことを考えてしまうと、人間っぽさが出にくくなることで不信感が漂ってしまうのです。

 

 

そして、相手から信用や信頼を得られず、仕事での成果にも悪影響を及ぼす可能性があるということです。

 

 

でも、仕事で営業や交渉したりする際にはお金のことを意識してしまいますよね?

 

 

そういった場合はどうすればいいのでしょうか?

 

ビジネスにおいてはお金を意識せざるを得ないですが、EQがあれば相手からの印象を良くしてくれるはずです。

参考 【紹介】「これからはⅠQよりEQの時代?」人生を豊かにする指標

 

 

 

目的をお金以外のものに置き換える

結論、お金以外のものに意識を向けることです。

 

 

お金を意識することで信用や信頼を得られなくなってしまうのであれば、それはマズイですよね。

 

 

しかし仕事ではお金が絡む状況がとても多いので、全く考えないわけにはいきません。

 

 

そこで対処法としてオススメしたいのが、あなたが取る行動の目的を「お金以外」のものに置き換えてみることです。

 

 

例えば、あなたが営業職ならこのように考えてみるといいでしょう。

「その商品やサービスを相手や相手の会社に売るのは『自分が活躍すると家族や恋人が喜ぶ』から」

「この値段を下げることが『会社の助けになる』から」

 

 

これは「コンパッションゴール」というもので、シアトルパシフィック大学の研究で、「他人のための目標を掲げることで人間関係良の改善につながる」とされています。

 

 

このことからも、自分の目的のためにお金のことを考えるのではなく、誰か他の人のためにお金のことを考えることで、あなたの感情や人間味を失わずに済むのではないでしょうか。

 

 

実際、社会的に認められている世の中のお金持ちが社会的に意義のあるビジョンを持つことは、コンパッションゴールに通じているのかもしれません。

 

 

 

 

スポンサーリンク


お金の先のことを考える

お金の先にあるものを目的にすることが重要です。

 

 

ここまで、お金のことを考えると他人から嫌われるということ、そしてその対処法を伝えてきましたが、お金の先にある物事を考えられるか否かがポイントです。

 

 

「お金を稼ぐ」、「お金を儲ける」、「お金を節約する」など、お金そのものが目的となると、人間の性として卑しさが出てしまうのでしょう。

 

 

一方で「何かを実現させる、誰かのためになる」というように、お金の先にあるものを目的とし、お金は「それらを叶えるための手段」として考えることで、あなたの本来の人間性を引き出し、相手に魅力的に映ることにつながるのだと思います。

 

 

 

転職においてもあまりお金のことを意識しすぎるのは禁物です。

【理由】「お金が欲しい!」この理由で転職する人ほど失敗するワケ

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

KEI

仕事やキャリア、生活などに役立つ情報を科学や雑学を交えて発信しています。 仕事の仕方、時間の使い方、コミュニケーション、キャリア形成、睡眠、食事、フィジカルケア及びメンタルケアなどを基にハタラクのアップデートを目指します。 プロフィールはこちら

-お金
-, ,

Copyright© ハタラクを考えるブログ , 2020 All Rights Reserved.