転職

「最終面接の結果が来ない」考えられる最終面接の結果が遅い理由

投稿日:

 

はぁ~。
キャリ子

 

 

KEI
何かやきもきしてるみたいですが、どうかしましたか?

 

 

あ、すみません 笑
キャリ子
今、転職サポートしている方が受けた企業の最終面接結果が来なくて…。
キャリ子

 

 

KEI
面接を受けてからどれくらい経つんですか?

 

 

実は、今日で9日目なんです…。
キャリ子

 

 

KEI
1週間以上になるんですね。

 

 

そうなんですよ…。
キャリ子
面接を受けた彼女も不安みたいで、連日「まだ結果来ませんでしょうか?」って連絡が来るので、私も不安になってしまって。
キャリ子

 

 

KEI
それは不安になりますね。
KEI
ただ、最終面接の結果が遅いのにもいくつかの理由が考えられるので、必要以上に不安になる必要はありません

 

 

結果が遅れる理由ですか??
キャリ子

 

 

KEI
はい。ですので、最終面接結果が出るのが遅くてもそれは合否とはまた別の話なのです。

 

 

 

つまり、面接結果が遅くても不合格になる可能性が高いわけじゃないってことですか?
キャリ子

 

 

KEI
そうです。
KEI
ということで、「最終面接の結果が遅い理由」について解説していきましょう。

 

この記事を読んでほしい人

  • 面接結果が来なくて不安な人
  • これから面接に臨む予定の人
  • 選考の裏側が気になる人

 

 

なぜ最終面接結果が来ないのか?

 

「まだ最終面接の結果来ないの?」と、意中の企業の最終面接結果をやきもきしながら待っている人は少なくありません。

 

 

一般的に考えれば1週間以内で結果が出そうなものですが、最終面接を行ってから1週間経過しても音沙汰がないという場合があります。

 

 

すると、「もしや不合格だから連絡が遅くなっているのではないだろうか?」と疑心暗鬼になってしまいます。

 

 

しかし最終面接の結果が遅い理由を知れば、結果通知が遅くても不安になることはないでしょう。

 

もし面接に落ちてしまった場合は、その理由を確認するようにしましょう。

参考 面接に落ちた時は見送られた理由を尋ねてみることをオススメする

 

 

最終面接の結果が遅い3つの理由

 

僕は、これまで企業の中途採用と個人の転職支援の仕事をしてくる中で数多くの最終面接に携わってきました。

 

その中には、少なからず最終面接の結果が出るのが遅い企業もおり、そのような企業にはその都度”最終面接の結果が遅い理由”について確認していました。

 

そしてそこで多かった理由としては、以下の3つがありました。

面接前の候補者が他にいる

諸条件を検討している

社内調整している

 

これらの理由が背景にあるため、最終面接の結果が予想よりも遅くなることがあるのです。

 

したがって、もし最終面接の結果連絡が遅くとも不合格というわけでは決してないのです。

 

しかし、それでも最終面接結果の連絡が遅いと心配になるでしょうから、それぞれの理由について解説していきましょう。

 

 転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

 

面接前の候補者が他にいる

自分以外にも候補者がいて、その人が最終面接前である場合には面接結果が出るのが遅くなってしまいます。

 

 

この図のように、自分が最終面接を受けた後に他の候補者の最終面接が控えている場合、候補者全員の面接が終了してから合格者を選出することが前提であれば、早いタイミングで最終面接を受けた者にとっては結果連絡が届くのは遅くなる必然だと言えます。

 

また考えられることとして、他の候補者が何らかの理由で当初予定されていた最終面接日を翌週に再調整した場合、既に最終面接を受けた自分の結果が出るのはさらに遅れてしまいます。

 

ただし、そのような状況を各候補者にいちいち連絡する企業は多くありません。

 

 

 

諸条件を検討している

既に合格(内定)を出すことを決めており、その際に提示する給与や手当などの諸条件を検討しているために面接結果が出るのが遅くなってしまいます。

 

企業の中には、最終面接の合格通知と併せて内定条件を伝えるところもあります。

 

つまり、面接の合否検討とは他に内定条件の検討も行われるため、時間を多く要するということです。

 

そのため、最終面接合格の判断がすぐになされたにも関わらず、内定条件の検討で時間を要しているため、結果的に結果連絡が遅くなってしまうのです。

 

「転職の成功」とは必ずしも今よりも高い年収を手にすることではありません。

参考 「転職成功の条件とは?」それは〇〇感を持てるか否かということ

 

 

社内で検討している

最終面接者が採用決済権を持っていない場合、その採用の関係者を交えて最終検討を行います。

 

例えば、最終面接者が部長であるものの最終決裁は社内会議で行われるような場合、社内会議が開催されるまではそもそも合否判断がされません。

 

多くの人は最終面接者が合否の決定権を持っていると思いがちですが、そうとも限らないのです。

 

そのため、最終面接の合否判断を行う社内会議の開催が遅くなってしまう場合、必然的に結果連絡が届くのも遅くなるわけです。

 

面接官の反応が良かったからと言って、必ずしも合格とは限らないのです。

参考 面接での手応えが当てにならない?それは3つの理由があるから

 

 

 

面接結果が来ない場合に問い合わせても大丈夫?

 

ここまで「最終面接の結果が遅い理由」について話してきましたが、その理由を踏まえていれば結果連絡が遅くともそこまで心配する必要はありません。

 

 

しかしそうは言っても、面接結果が来ないと不安になるのが人の性です。

 

 

そんな時、「面接した企業に問い合わせてみようかな?」と思う人もいることでしょう。

 

 

もちろん、面接結果に関して企業に問い合わせることは何ら問題ありません

 

 

中には、面接の合否が出てない理由や状況をちゃんと教えてくれる企業もあります。

 

 

ただ一方で、「問い合わせたところで教えてもらえるか分からないし、忙しいのに迷惑だと思われたらなぁ…。」という思いもあるのではないでしょうか?

 

 

では、実際に面接者から面接結果の問い合わせが来ることについて、企業側がどう思うのでしょうか?

 

 

結論から言うと、企業側がネガティブな印象を抱くことはまずありません

 

 

なぜかというと、面接結果が出てないのは先ほど挙げたような理由(背景)があるからで、単に結果が出ていないことがほとんどです。

 

 

採用担当者としても、できることなら早々に面接者に結果を伝えたいものの、結果を知らない(待っている)ためにやきもきしていたりするのです。
(採用担当者としても、合否連絡という自分の仕事を早く片付けたいため、できれば早く合否連絡を行いたいと思っていることがほとんどです。)

 

 

また、面接結果を問い合わせるということは、その企業への志望度が高い現れとも受け取れるため、企業側としてはむしろ良い印象を抱く可能性はあります。
(ただし、面接結果を問い合わせることで好印象となり、それによって合格の可能性が高まるわけではありません。)

 

 

このようなことから、面接結果が来なくて不安な場合には企業に問い合わせても大丈夫です。

 

 

もし直接企業とやりとりをするのが億劫なのであれば、転職エージェントを使うことをオススメします。

DODA 転職者満足度No.1

 

 

遅い=不合格ではない

 

面接結果が遅いと「自分は不合格なのでは?」と不安になってしまいます。

 

 

しかし、「遅い=不合格」ではありません

 

 

むしろ、不合格という判定をされた人ほど面接結果が届くのは早いものです。
(不合格である場合はそれを伝えるだけなので、企業側には返事を遅らす理由がないため。)

 

 

一方で面接結果が遅いということは、次のステップに進んでもらうために企業がその準備を整えているために時間が掛かっていると考える方が適切です。

 

 

そう考えれば、心配よりも希望を持つことができるのではないでしょうか。

 

 

面接というのは終わっても不安ですし、始まっていなくても不安なものです。

面接に不安を感じている人にオススメのコーピングという方法とは?

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

KEI

仕事やキャリア、生活などに役立つ情報を科学や雑学を交えて発信しています。 仕事の仕方、時間の使い方、コミュニケーション、キャリア形成、睡眠、食事、フィジカルケア及びメンタルケアなどを基にハタラクのアップデートを目指します。 プロフィールはこちら

-転職
-,

Copyright© ハタラクを考えるブログ , 2021 All Rights Reserved.