仕事

【不安】仕事をバックレるとどうなる?バックレる理由とバックレた結果

更新日:

 

ところで、この前私が転職相談を受けた人なんですが、仕事を*バックレてきたそうなんですよ〜。
キャリ子

※退職することを会社の人に伝えずに、逃げてしまうこと

 

 

KEI
転職支援の仕事をしていると、たまにそういう人はいますよね。

 

 

面と向かっては言いませんでしたけど、非常識ですよね。
キャリ子

 

 

 

KEI
確かに仕事をバックレるなんて非常識ですが、バックレる人にも”バックレる理由”があるんですよね。

 

 

[st-kaiwa2 r]でも、バックレる理由って何なんでしょうか??[/st-kaiwa2]

 

 

[st-kaiwa1]おそらく99%の人は仕事をバックレるなんて経験をこれまでにしたことがないでしょうし、これからすることもないでしょう。

だからこそ”仕事をバックレる”人の気持ちを理解することは正直難しいかもしれません。

 

 

そう言われると、バックレる人の気持ちまでは考えませんでした。

では、何で仕事をバックレようと思うのでしょうか?

キャリ子

 

 

KEI
そんな疑問が頭に浮かびますよね?

ということで、「仕事をバックレる理由とバックレた結果」について話していきましょう。

 

 

この記事を読んでほしい人

  • 仕事が嫌で嫌で仕方がない人
  • 普段から仕事から逃げ出したいと思っている人
  • 仕事をバックレてしまおうと既に考えている人

 

 

 

仕事をバックレてしまうワケ

転職支援の仕事をしていると、たまに「最近仕事をばっくれてしまったため、すぐ新しい仕事先を紹介してほしい」というような人がいます。

 

 

でも、なぜ仕事をバックレてしまうのでしょうか?

 

 

普通に考えたら、仕事をバックレるなんてありえないことのように思えます。

 

 

しかし、人によっては仕事をバックレてしまうほどに切羽詰まってしまうのです。

 

 

仕事をバックレるくらいなら転職しましょう

DODA 転職者満足度No.1

 

 

仕事をバックレてしまう3つの理由

実際、僕が転職相談を受けた人の中で”仕事をバックレた人”から聞いたバックレた理由について紹介します。

 

仕事をバックレた人から聞いたものの中で、とりわけ多かったのがこちらの3つの理由です。

パワハラ・セクハラが酷すぎて

辞めると伝えても辞めさせてくれなかった

仕事が辛く、相談できる人が誰もいなかった

 

もちろん人によって理由は様々なので、これ以外にもあるとは思いますが、仕事をバックレる人の主な理由はこの3つなのではないでしょうか。

 

 

それでは個別バックレた理由について見ていきましょう。

 

 

パワハラ・セクハラが酷すぎて

まずこれは言わずもがな、過度なパワハラ・セクハラ環境のために身の危険を感じてというものです。

 

特にヒドイものだと、暴力を振るわれるというようなものもありました。

 

このような職場だと、パワハラ・セクハラの当事者以外の人に相談したとしても、実は裏でつながっていて、相談したとしても告げ口されるんじゃないかと疑心暗鬼になり、誰にも何も言えないような状態に陥ってしまうようです。

 

その結果、防衛反応として仕事をバックレることに至るのです。

 

仕事を辞める一番の理由は人間関係なのです。そんな人間関係がツライなら…

参考 【方法】「仕事の人間関係がツライ」嫌いなあの人への対処法がコチラ

 

 

辞めると伝えても辞めさせてくれなかった

これは極端な退職引き留めというようなものです。

 

退職願を会社に提出したにもかかわらず、色々な理由をつけて退職を引き延ばして退職を妨害しようとします。

 

ちなみに、なかなか辞めさせてくれない場合、会社には以下のような理由があると考えられます。

後任を探す手間・費用を掛けたくない

他の人に負担が及び、退職連鎖するのがコワい

その上司にとって評価が落ちるのがイヤだ(退職がマイナス評価につながる会社は割とあります)

 

このような理由から、退職を申し出た人を引き留めるということが考えられます。

 

また、今は”人材難”と言われるほど採用するのが難しい状況であるため、穴埋めする労力(手間と費用)が以前よりもかかってしまうのも事実としてあります。

 

さらに採用できたとしても、そこから教育もして一人前に育てていかなければならないと考えると、できるだけ引き留めて会社に残ってもらう方が会社にとってはメリットとして大きいのです。

 

 

 

仕事が辛く、相談できる人が誰もいなかった

そしてこれは、仕事の辛さによって思考停止してしまった結果バックレることです。

 

パワハラ・セクハラにも通じますが、どちらかというと長時間労働などの過重労働によって、一般的な手順で辞めることが時間的、思考的にできない状況です。

 

実際には、職場の人だったり、友人、家族など相談できる人はまわりにいるはずなのです。

 

しかしその時間が取れなかったり、そういう人たちを思い浮かべるまでにいかないほど、仕事に追い詰められてしまうのです。

 

そのため、最終的には防衛反応として仕事をバックレるという結果になるのです。

 

仕事に行きたくなくなることってよくありますよね。

関連記事 「仕事に行きたくない」行きたくない理由と行かなかった場合について

 

 

 

仕事をバックレたらどうなる?

では仕事をばっくれると、一体どうなるのでしょうか?

 

 

おそらくこれを読んでいるほとんどの人は、仕事をバックレたことはないはずです。

 

 

それでは、こちらについても仕事を実際にバックレた人から聞いた、バックレた時のことについて紹介していきます。

 

 

仕事をバックレた人から聞いたバックレ体験談

それでは、実際に仕事をバックレるとどうなるのでしょうか?

 

こちらが実際に仕事をバックレた人から聞いた、バックレた時のことについてです。

携帯に会社から何度も電話がかかってくる

実家(身元保証先)に電話がかかってくる

家に上司が訪ねてくる

 

こちらもそれぞれについて見ていきましょう。

 

 

仕事をバックレてしまう人は”神経症傾向が高い”という特徴があります。

人気記事
【診断】ビッグファイブ理論!コレであなたの本当の性格が分かる?!

続きを見る

 

 

会社から何度も電話が掛かってきた

仕事をバックレたAさんですが、始業時間になっても会社に現れなかったため携帯に何度も電話が掛かってきました。

 

何度も何度も電話が掛かってきたため逆に自分から連絡しづらくなってしまい、その後も自分から連絡せず携帯から離れていたものの数時後に改めて携帯を見てみると、数十分おきに会社からの着信が残っていました。

 

最終的には昼休みの時間帯に自分から連絡をし、「寝坊した」と告げたのです。

 

当たり前ですが、その後出社した際に上司からものすごく怒られてしまいました。

 

 

会社から実家に電話が掛かってきた

続いて仕事をバックレたBさんは、あまりにも仕事が辛く勤務中に外出したままバックレました。

 

すると会社から何度も電話が掛かってきて、Bさんの場合は携帯の電源をオフにしたのです。

 

そして数時間後に携帯の電源を入れたところ、今度は母親から何度も電話が掛かってきていた履歴がありました。

 

急いで母親に電話したところ、身元保証人であった母親宛にBさんの会社から「お子さんが会社に出勤しておらず電話もつながらないため心配してお母様にお掛けしました」という旨の連絡があったのだそうです。

 

会社はBさんが何かしら事故や事件に巻き込まれたと思いBさんの実家に連絡したのですが、そのまま何時間も電話がつながらなかった場合はBさんの母親は警察に連絡するつもりだったそうです。

 

結局母親からその話を聞いた後、Bさんは「外出中に具合が悪くなってしまい車内で休んでたところ寝てしまい、かつ携帯の充電が切れてしまっていた」と誤魔化し、その日は会社を早退しました。

 

そして翌日Bさんは会社に退職を告げました。

 

 

家に上司が訪ねてきた

最後に仕事をバックレたCさんは、何度も退職を告げた(退職願も提出済み)にも関わらず、無理な引き留めに疲弊してある日突然仕事をバックレたのです。

 

そして会社からの連絡も着信拒否にしたところ、次の日の朝に自宅のチャイムが鳴りました。

 

そのチャイムの音で起きたCさんは寝ぼけながらドアを開けると、職場の上司が立っていたのです。

 

「なんで連絡もせず会社に来ないんだ?携帯もつながらないから直接来たんだぞ。」と言われたものの、Cさんは急なことで驚いて声も出なかったそうです。

 

「とりあえず準備ができたら出勤しろ。」とだけ残してCさんの上司は引き返していきました。

 

それでCさんは怖くなり、両親に頼み、このまま会社を退職することを代わりに伝えてもらい、最終的に仕事を辞めることができたということです。

 

 

会社から実家に連絡があったり、上司が家に訪ねてくるなんてまだマシかもしれません…

参考 「仕事の失敗談」みんなはどんな失敗をやらかしているのか?【紹介】

 

 

実際に仕事をバックレるデメリット

当たり前ですけど、「あいつバックレたな」でお終いというわけにはなりません。

 

基本的には連絡が入るか、そこで電話やメールでコンタクトが取れなければ、会社の人が家まで訪ねてくるということです。

 

ただ中には、会社から連絡が入ったり会社の人が訪ねてきても、電話も出ず、連絡もせず、居留守を使ってやり過ごしたという人もいました。

 

おそらく会社に絶望し、何を話しても仕方がないという結論に至ってしまったのではないかと思います。

 

しかし仕事をバックレた後、会社に何もコンタクトを取らないとこんなデメリットもあるので注意しましょう。

 

仕事をバックレたくなるほどストレスを溜める前に対処しましょう。

参考 仕事のストレスを感じる状況と症状。限界を迎える前に対処を【解説】

 

 

解雇

仕事をバックレた後、会社に連絡を取らなければ全て終わったと思うかもしれませんがそれは間違いです。

 

それは自己完結したに過ぎず、実際には懲戒解雇となってしまう可能性が高いでしょう。

 

基本的に2週間以上の無断欠勤が続くと懲戒解雇となっても仕方ありません。

 

そして懲戒解雇となると、離職票や退職証明票に”重責解雇”と記載されてしまうため転職時に極めて不利になってしまいます。

 

 

給料

働いた分の給料はどうなるかというと、働いた分はもらえます。

 

労働分の給料を支払わないことは労働基準法での違反行為にあたるため、いかなる理由があろうとも払われなければなりません。

 

しかし中には何も言ってこないのをいいことに、会社が”給料の支払いをバックレる”ケースもあります。

 

その場合、自分で会社に申し出をするか、弁護士を立てて申し出をするなどの手間やお金が掛かってしまいます。

 

 

トラブルなく退職したいなら、正しい手順を踏みましょう。

関連記事 【解説】トラブルにならない仕事の辞め方。モメずに辞めるには?

 

 

 

仕事をバックレたくなったら?

ここまで、仕事をバックレてしまう理由と実際に仕事をバックレた場合に起こりえることについて話してきました。

 

 

しかし、もし本当に仕事が辛くバックレたくなってしまったとしたら、どうしたらいいのでしょうか?

 

 

そこで、「仕事をバックレちゃおうかな…」となった場合の対処法をお伝えしようと思います。

 

 

仕事をバックレたくなった時の対処法

仕事をバックレたくなってしまった場合、その気持ちが向くまま行動するのはオススメしません。

 

そんな場合は、一旦こちらで紹介することを試してみてください。

 

そうすることで多少気持ちに落ち着きが生まれ、冷静な判断を下せるはずです。

 

 

職場で話しやすい人に話してみる

まずは職場で仲の良い同僚に自分の気持ちを話してみることです。

 

人は自分の思いや考えを誰かに話すことで客観的に自分を見つめることができ、それによって気持ちを落ち着けることができます。

 

誰かに対して愚痴を言うと気持ちがスッキリするのと同じです。

 

そのため、「もうバックレようかな」と思ったタイミングで、なぜそう思ったのかを職場の誰かに話すことで共感してもらい、心強くなれるでしょう。

 

仕事では不安を感じることはよくありますが、誰かに話すだけで気持ちが楽になります。

参考 仕事で感じる漠然とした不安の正体とそれを解消する6つの簡単な方法

 

 

とりあえずその日は休む

急に仕事をバックレたくなった場合には、とりあえず会社を休みましょう。

 

出勤前にせよ仕事中にせよ、そのままバックレてしまうと先にも話した通りとても面倒なことになってしまいます。

 

そのため何か理由をつけてでも、まずは正式に断りを入れて休むことが大事です。

 

とりあえず休んで時間を確保することで、自分の気持ちを落ち着け、その後冷静に判断できるようになるはずです。

 

休みたいけど休みづらいという人はいますよね。

参考 仕事を休むべき時3選&信頼を失わずに仕事で休みを取る方法【解説】

 

 

転職エージェントに相談する

仕事をバックレたくなるということは、その職場にかなり嫌気がさしていることの表れだと言えます。

 

すなわち遅かれ早かれ転職する心づもりがあるということです。

 

しかしバックレてしまえば、先ほど「実際に仕事をバックレるデメリット」で話したように懲戒解雇となってしまえば転職の可能性を狭めてしまいます。

 

また、職場に相談できる人もいないという場合は職場以外の人に相談するしかありません。

 

そこで相談するのにオススメなのが転職エージェントです。

 

転職エージェントの人間は、少なくとも同じように仕事をバックレたいと思っている人の転職支援にも携わっており、そんな場合の対処法含め転職先の相談にも乗ってくれます。

 

もっとも第三者的な立場から客観的かつ冷静にアドバイスを受けられるはずです。

 

 

 

どの転職エージェントに相談すればいいのか分からないという人はこちら。

オススメ
状況に合わせたオススメの転職エージェントがこちら【パターン別】

続きを見る

 

 

 

仕事を実際にバックレてしまったら?

これを読んでいる人の中で、もし実際に仕事をバックレている最中という人がいた場合について話をします。

 

 

仕事をバックレることによる最大のデメリットは”懲戒解雇”されることです。

 

 

先ほど話したように、懲戒解雇されてしまうと転職するにもかなり不利な状況になってしまいます。

 

 

そのため、できるのであれば会社にバックレてしまったことを謝罪して会社に留まるようにすべきです。

 

 

しかし、改めて会社にコンタクトを取るのが無理だというのであれば、代わりに誰かに対処してもらう必要があります。

 

 

最近では「退職代行サービス」もあるので、こちらを利用して”しっかり退職する”ことで懲戒解雇を防ぎましょう。

 

 

仕事をバックレることは極力避けるべき

この記事では仕事をバックレることについて話してきました。

 

 

しかし基本的には仕事をバックレることはすべきではありません。

 

 

もうその会社・職場に行きたくないのであれば、それを会社・職場に伝えて辞める方が後々トラブルにもなりません。

 

 

また、強引に退職を引き留められてしまったり、どうしても自分から退職を言えないということであれば、まずは誰かに相談してみることで打開策が見えてくるはずです。

 

 

仕事をバックレたくなったら、一度落ち着いて何をすべきか考えてみましょう。

 

 

 

「仕事から逃げ出したい」と思える人の方が、案外がんばれるようです。

【理由】「仕事から逃げたい!」実は悲観的な人ほど大丈夫なのです。

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

KEI

仕事やキャリア、生活などに役立つ情報を科学や雑学を交えて発信しています。 仕事の仕方、時間の使い方、コミュニケーション、キャリア形成、睡眠、食事、フィジカルケア及びメンタルケアなどを基にハタラクのアップデートを目指します。 プロフィールはこちら

-仕事
-,

Copyright© ハタラクを考えるブログ , 2020 All Rights Reserved.