仕事

仕事での成功とは、果たして大きなことを成し遂げることだけなのか?

投稿日:

 

KEI
ところでキャリ子さんにとって、”仕事の成功”って何ですか?

 

 

私にとっての”仕事の成功”ですか…?
キャリ子
そうですねぇ、自分のノルマを達成しつつ後輩ちゃんを一人立ちさせることですかね!
キャリ子

 

 

KEI
志の高い目標ですね。

 

 

ありがとうございます!
キャリ子
でも、なんでそんなこと訊くんですか?
キャリ子

 

 

 

KEI
最近思うんですけど、仕事の成功って何か大きなことを成し遂げることだけなのか?と。

 

 

 

まぁでも、仕事をする以上は大きな仕事を手掛けて、大きな成功を掴みたいっていう人が多いんじゃないですか?
キャリ子

 

 

KEI
果たしてそうなんでしょうか?

 

 

と、言いますと?
キャリ子

 

 

KEI
正直、最近はむしろ大きなことを成し遂げることを目的とする人は減っていて、むしろささやかなことを仕事の成功として考えている人が増えているんじゃないかと思うのです。

 

 

例えばどういうことですか?
キャリ子

 

 

KEI
そうですね、例えば「仕事はきっちり片付けて定時に帰る」ことが仕事の成功という感じです。

 

 

う~ん、いなくはないでしょうけど、どうなんでしょうね…。
キャリ子
でも、確かに仕事の成功の定義は人によって異なりますから否定はできないですよね。
キャリ子

 

 

KEI
それでは、「仕事での成功とは、果たして大きなことを成し遂げることだけなのか?」について考えてみましょう。

 

この記事を読んでほしい人

  • 仕事で何も成し遂げられず悩んでいる人
  • 仕事に目的を持てない人
  • 会社に共感できない人

 

 

仕事での成功は、大きなことを成し遂げることだけなのか?

 

「仕事での成功」と耳にして、一体どんなことをイメージしますか?

 

 

おそらく大半の人は、このようなことを思い浮かべるのではないでしょうか?

  • 新商品や新サービスを世に出す
  • 大きなプロジェクトを完遂する
  • 大きな契約を取り交す
  • 売上や利益を拡大させる
  • 社内外で画期的な仕組みを作る
  • 出世街道をひた走る

 

このように、周囲から注目を集める際立った何かを残すことが「仕事での成功」だと考える人は多いのではないでしょうか。

 

 

しかし、仕事での成功とは果たして大きなことを成し遂げることだけなのでしょうか?

 

 

ただ正直なところ、先ほど挙げたようなことを成し遂げられる人というのはほんの一握りの人だけです。

 

 

その他大半の人は、いわば”会社の歯車”、”会社の駒”としての職務を地道に行っていくだけでしょう。

 

 

では、そのような大半の人は仕事で成功する可能性は無いのでしょうか?

 

 

正直、僕は全くそうは思いません。

 

 

というのも、先ほど挙げたような成功とは、あくまで”会社のため(会社の利益)を前提”としたものだと言えます。

 

 

もちろん、これ自体は何ら間違っておらず、このようなカタチでの成功も否定されるべきではありません。

 

 

しかし一方で、”自分のため(自己の利益)を前提”とした成功でも良いのではないでしょうか?

 

 

そもそも、人は自分のために働くのですから。

 

 

例えば、以下の様なものです。

そこそこの生活を維持できるくらいの年収を得る

あまり他人とコミュニケ―ションを取らずに働く

ストレスを感じない職場で仕事をする

ほとんど残業をしないように働く

気兼ねなく休みを取る

 

おそらく、人によっては「これは仕事での成功とは言えない」とする人もいるでしょう。

 

 

しかしこれからは、仕事の成功が個人的な理由に起因するものであっても、会社も従業員もそれを受け入れていく必要があるのです。

 

あなたは”何のため”に働いていますか?

参考 働く理由はお金?趣味?存在意義のため?それとも◯◯のため?【考察】

 

 

なぜ、仕事の成功が個人的な理由でも受け入れる必要があるのか?

 

昨今、そこかしこで”多様性”を耳にするかと思いますが、この多様性を受け入れることが社会課題としてあります。

 

 

そして、この多様性には個人の価値観も含まれており、この価値観こそが先ほど話した個人的な理由に起因する仕事の成功だとも言えるのです。

 

 

したがって、会社や従業員はある従業員の価値観である仕事の成功を認めて受け入れる必要があるのです。

 

 

仮に、その従業員にとって仕事の成功が「ほどほどに働く」であってもです。

 

 

一方で、会社ややる気に満ち溢れた従業員からすると、このような価値観は「会社や他の従業員に損失しかもたらさない」と考えるかもしれません。

 

 

しかし、仮に会社ややる気に満ちた従業員がそのように考えたとしても、それを認め受け入れざるを得ないのです。

 

 

そして、そのように考える理由がこちらの2つです。

労働力の確保

変化への適応

 

これら2つが理由となることで、大きな成功を望まない従業員の価値観を受け入れなければいけないのです。

 

 

それでは、この2つについて詳しく話していきましょう。

 

当初は大きな目標を持っていた人も、時が経つとともにその価値観も変わるものです。

参考 【コラム】価値観は変化する。だから絶望することなんてないということ。

 

 

労働力の確保

 

一つ目は、「労働力の確保」です。

 

従業員、つまり個人の仕事に対する価値観を認め受け入れないことには、会社は労働力を手に入れることができなくなってしまいます。

 

というのも、前提として現代において個人の価値観は日に日に多様化してきています。

 

「お金をたくさん稼ぐ」を重視する人もいれば、「自由な時間をたくさん持つ」を重視する人、「自分の興味のあることをする」を重視する人もいます。

 

そして、特に優秀な人ほど自分自身の価値を把握し、自分の価値観を受け入れてくれる環境に身を置こうとします。

 

すなわち、優秀な人材=労働力を手に入れようとするのであれば、彼らの価値観を認め受け入れられる環境を会社は用意しなければならないのです。

 

そして、若年人口の現象はこの流れに拍車を掛けていくはずです。

 

このような会社は人材の確保どころか人材の流出が顕著です。

参考 潰れる会社とは?僕が目にした社長と社員のたった一つの特徴

 

 

変化への適応

 

二つ目が、「変化への適応」です。

 

目標に対して最短距離かつ最速で辿り着くためには、同じ価値観や同じ思考性を持つ人同士が良いでしょう。

 

しかし現代においては状況や環境が変化するスピードが早く、今目指しているものが3年後どころか来年には目指す価値がなくなっている可能性があります。

 

そのような状況において、同じ価値観や同じ思考性を持つ人が募った組織体というのは脆いもので。

 

同様のことを組織が同じ方向を向いているのは危険!同じ方向を向く組織の特徴でも話しているのですが、変化が頻繁に訪れる環境では、多種多様な価値観や思考性を持つ人が集う組織体の方が強度は高いのです。

 

もちろんスピードには難があるかもしれませんが、変化に対して柔軟に対応することには長けています。

 

したがって、変化のスピードが早くなっている現代においては、同じような価値観・思考性の人が集う一致団結型の組織よりも、異なった価値観・思考性の人が集う混在型の組織の方が環境へ適応しやすいと言えるのではないでしょうか。

 

こういう社会変化に一早く適応できる会社が生き残るのではないでしょうか。

参考 週4勤務がスタンダードになるかも?週4勤務のメリットとは?

 

 

スポンサーリンク


仕事の成功の定義はよりパーソナルなものになっていく

 

かつて、仕事の成功とは会社の利益が前提としてありました。

 

 

しかし、現代において仕事の成功は従業員個人の利益が前提となりつつあり、今後これはより顕著になると考えられます。

 

 

もちろん、全く仕事をしないのであれば大小関わらず仕事の成功など成し得ないのですが、必要最低限のタスクをこなすことで得られるものだけでも、ある従業員にとって仕事の成功の定義に当てはまるのです。

 

 

すなわち、今後よりいっそう価値観が多様化していく社会においては、会社もできるだけ各従業員の価値観に沿う職域や労働時間の設定、評価制度の構築など、パーソナライズされた制度を作っていく必要に迫られていくでしょう。

 

 

そして、そのような環境が用意されているような会社ほど多くの優秀な人材が集まり、柔軟かつ発想に富んだ組織体が築かれるのだと想像します。

 

 

仕事で成功できるか否かは環境=職場によって大きく左右されるため、自分が成功できると思う環境に移ることで可能性が高まります。

転職をする場合、多くの人は転職サイトで求人を探します。

ただし自分一人だと、多くの求人をの中から自分の能力や経験、条件に見合う求人を探し、さらに面接日程の調整や労働条件、給与の交渉までを行うのはとても時間と労力が掛かります。

 

一方で転職エージェントに任せれば、数十~数百社もの求人からあなたに最適な求人を紹介してくれます。
また、応募書類の添削、面接日程の調整、労働条件や給与の交渉と全てを行ってくれます。

そのため、普段仕事で忙しくてもスムーズに転職活動に励めます。

 

ただ、ひとえに転職エージェントといっても、「求人数が多い」「新卒・第二新卒向け求人が多い」「高年収の求人を扱っている」「専門職系の求人を扱っている」「地方求人が多い」など、各転職エージェントによって特徴や強みはバラバラです。

したがって、これらを理解した上で”自分の状況に合った”転職エージェントを活用することで、満足のいく転職を叶えることができます。

 

オススメの転職エージェントと特徴の違い

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

KEI

仕事やキャリア、生活などに役立つ情報を科学や雑学を交えて発信しています。 仕事の仕方、時間の使い方、コミュニケーション、キャリア形成、睡眠、食事、フィジカルケア及びメンタルケアなどを基にハタラクのアップデートを目指します。 プロフィールはこちら

-仕事
-,

Copyright© ハタラクを考えるブログ , 2022 All Rights Reserved.