転職

【理由】仕事をしながら転職活動すべき!その方が圧倒的に有利だから

更新日:

 

転職しようかな〜。
キャリ子

 

 

KEI
もし転職するなら、仕事をしながら転職活動をした方が圧倒的に転職に有利ですよ。

 

 

えっ、仕事を辞めてから転職活動した方が時間をたっぷり使えてイイんじゃないですか?!
キャリ子

 

 

KEI
いえ、逆なんです。

 

KEI
「転職したいのですが、一旦会社を辞めてから転職活動した方がいいでしょうか?」

と、転職相談で僕はよくこう聞かれます。

 

 

私もそう思います。
キャリ子

 

 

KEI
確かに仕事をしながら転職活動をするとなると、時間も足りないですし、何よりすごくストレスが溜まるし疲れます。
KEI
ただ一方で、辞めてから転職活動するほど良い転職先に巡り会える可能性が低くなってしまうのです。

 

 

そうなんですか?!でも、なんでですか??
キャリ子

 

 

KEI
それでは、「なぜ仕事をしながら転職活動した方が良いのか?」について話していきましょう。

 

 

 

仕事をしながら転職活動した方がイイ理由

仕事をしながら転職活動した方が良い理由は2つあります。

心に余裕を持てる

企業に対する印象が悪くならない

 

その2つの理由というのがこちらです。

 

 

でも、なぜ仕事をしながら転職活動をする方が心に余裕が持て、企業に対する印象が悪くならないのでしょうか?

 

 

心に余裕を持てる

転職活動において転職先が早々に決まれば良いですが、なかなかそうとも限りません。

 

しかし在職中であれば、まだ仕事をしているという後ろ盾があるため、心に余裕を持てるのです。

 

転職先がなかなか決まらないと、焦りが生まれます。

 

するとほとんどの人は、「もうこの先仕事が見つからないんじゃないか?」と疑心暗鬼に陥ってしまうのです。

 

この人材難の時代に、全く仕事が見つからない可能性は限りなく低いと思いますが、先が見えない状況で、かつ疑心暗鬼になっていると冷静ではいられなくなります。

 

そしてそれが、結果的に「妥協」を生んでしまうのです。

 

仕事が無い状況は無収入を連想させ、無収入は生活破綻を連想させます。

 

そういう状態になると、自己防衛反応から身近な安全を求めます。

 

これが「妥協した就職先」なのです。

 

妥協するということは、本来思い描いていた環境や条件を下回ったものになってしまいます。

 

しかし仕事に就けてさえいれば、仮に転職先が決まらなくても落ち込むことはあっても、疑心暗鬼になって転職先を決めてしまうということはあまりないでしょう。

 

むしろ「今は自分に合った転職先が無いタイミングなんだな」くらいに思えるでしょうし、どうしても納得いく転職先が見つからないのであれば、一旦現職に留まり次のタイミングを待つこともできます。

 

このように、心の余裕を持てることで真っ当な判断ができ、納得できる転職につながるのです。

 

ただし景気の状況によっては仕事が見つからない場合もあるため、業界動向を確認した上で転職活動しましょう。

参考 不況に弱い業界と強い業界。これから転職する人は必見!!【考察】

 

 

企業に対する印象を悪くしないため

仕事を辞めてから転職活動をしている人に対して、企業は少なからず「不安や問題」を感じてしまいます。

 

「辞めてから転職活動するくらい切羽詰ってたのか?だとすると、何かトラブルを抱えていたのか?」

 

「在職中に転職活動もできないような人ということは、計画的に行動できなかったり、バランス感覚が無い人なのかな?」

 

「本当に?」と思うかもしれませんが、実際このようなことが理由で書類選考で見送られるケースもあります。

 

また、離職期間が空けば空くほど「市場価値が無い人なのでは?」という疑問を、企業が抱くようになります。

 

正直、転職エージェントをしている僕ですら、離職期間が長い人に関してはどうしても疑った目で見てしまいます。

 

加えて、「足元を見られる」ということもあります。

 

「仕事が無いということは金銭的に困っている、もしくはそうなる可能性が高いのではないか」と企業側は思うわけです。

 

すると、採用する代わりに提示条件を下げてくるということも考えられます。

 

きれいごとを抜きにするのであれば、転職も交渉の場ですので、このようなことは日常茶飯事です。

 

こうなると、先ほども伝えたように「焦り」から「妥協」へと走ってしまう可能性が高くなるのです。

 

一方でこちらが企業を”見る”場合は、この3つに着目しましょう。

参考 「企業の選び方」転職活動時に調べるべきポイントはこの3つ【解説】

 

 

 

失業手当を当てにするべからず

ちなみに、失業手当をもらえるので辞めてからの方が良いと言う人もいますが、失業手当云々よりも、自分が納得のいく条件の会社に就職する方がはるかにメリットが大きいでしょう。

 

 

失業手当はもらえる期間に期限がありますし、前職の給与額よりも下回ります。

 

 

また、本当に仕事で時間が取れなくて転職活動するのが難しいという人は、転職エージェントに相談することをオススメします。

 

 

あなたの状況を踏まえて転職活動のサポートをしてくれたり、応募先の企業に面接時間の交渉もしてくれます。

 

 

ただし、自分に合った転職エージェントに相談しましょう。

数多くある転職エージェントですが、自分の状況によって選択すべきところが異なります。

オススメ
状況に合わせたオススメの転職エージェントがこちら【パターン別】

続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク


今の仕事を辞めずに転職活動することが、より良い結果につながる

僕が転職の相談を受けた人で、仕事を辞めて転職活動をしたものの、「早期に転職先が決まらなかったため、とりあえずバイトをすることにした」という人がいました。

 

 

その人はそんな状況になった時、仕事を辞めてしまったことを後悔していました。

 

 

「現在は売り手市場だから、仕事なんてすぐに決まる」

 

こう言う人もいますが、それは選り好みしなければの話です。

 

 

売り手市場と言われる時代でも、意外と現実は厳しく、あなたが望むような仕事はなかなか振り向いてくれないものです。

 

 

だからこそ、わざわざ取る必要の無いリスクを取る必要はないのではないでしょうか。

 

仕事をしながら転職活動した方がイイ理由

心に余裕を持てる

応募する企業に対する印象が悪くならない

 

転職しようと思ったときは、「今の仕事を辞めずに」転職活動することをおすすめします。

 

 

ちなみに転職した方がいい状況ってどんな時か知っていますか?

「転職した方がいい6つの状況」転職に適した状況とは?【解説】

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

KEI

仕事やキャリア、生活などに役立つ情報を科学や雑学を交えて発信しています。 仕事の仕方、時間の使い方、コミュニケーション、キャリア形成、睡眠、食事、フィジカルケア及びメンタルケアなどを基にハタラクのアップデートを目指します。 プロフィールはこちら

-転職
-

Copyright© ハタラクを考えるブログ , 2020 All Rights Reserved.