転職

【理由】仕事の適正を考えて転職しない方がイイ!その理由とは?

更新日:

 

未経験じゃ厳しいんだよなぁ~。
キャリ子

 

 

KEI
どうしたんですか?

 

 

転職の相談を受けたんですけど、異業界・異職種での転職希望なので案件紹介するのが難しいんですよねぇ。
キャリ子
転職したいなら、経験のある業界・職種で仕事探せばいいのになぁ。
キャリ子

 

 

 

KEI
確かに、同業界・同職種に就くことは間違いではありません。
KEI
しかし、仕事の適正を考えての転職はオススメしません。

 

 

 

え、そうなんですか?!
絶対に適正に合った仕事で転職した方がよくないですか??
キャリ子

 

 

KEI
失礼、ちょっと語弊がありましたね。
仕事の適性を”考えて”転職すること自体は間違いではありません。

 

 

じゃあ、何がいけないんですか?
キャリ子

 

 

KEI
実際には、仕事の適正に”縛られて”転職する人が多いのです。

 

 

仕事の適正に”縛られて”ですか??
キャリ子

 

 

KEI
この”適正を考えて”転職するのか、”適正に縛られて”転職するのかで、その後の結果には大きな違いが生まれます。

 

 

すみません、よく意味が分かりません・・・。
キャリ子

 

 

KEI
それは失礼しました。

それでは、「仕事の適正を考えて転職しない方がいい理由」について説明していきましょう。

 

 

 

仕事の適正を考えて転職しない方がイイ理由

なぜ仕事の適性を考えて転職しないほうがいいのでしょうか?

 

 

なぜなら、それによってチャンスを逃してしまうからです。

 

 

冒頭で伝えたように、多くの人は仕事の適正に縛られて転職しています。

 

 

自分では仕事の適正を”考えて”転職していると思っていても、実態としては”縛られて”いることがほとんどです。

 

 

そしてその弊害として、チャンスを逃すことにつながるのです。

 

 

 

適正に縛られることでチャンスを失う

これは「より良い条件の仕事への転職」への機会を失うことです。

 

 

仕事の適正に縛られることで、適正外(だと思い込んでいる)の仕事を必然的に転職先の候補から外してしまうのです。

 

 

適正に縛られるというのはどういうこと?

例えば不動産業界で営業をしていた人で、適正をもとにB to C(個人向け)の営業に絞ってしまう人がよくいます。

 

その人の考えとしては、不動産業界で培ったB to C営業の経験を活かすことが最もキャリアアップにつながると考えるため、その適正に絞ります。

 

すると、ハウスメーカーや保険、カーディーラー、家電量販店といった業界の営業職(販売職)を目指すという方向に至ってしまいます。

 

しかし実際には、B to C営業または販売職の人であっても、人と折衝するという意味ではB to Bでも大差ありません。

 

もちろんB to Bの場合、相対する人の背景にいる人(組織)からの承認・決済がないと契約や受注に至らないため、その部分を考える必要性はあります。

 

しかしB to Cの営業経験者であっても、それくらい適応できるものです。

 

一方でB to Cの営業に絞らず、営業職だけに絞りさえすれば、より多くの業界の営業職に就く機会が開かれるわけです。

 

例えばこれによって、平日休みの仕事から土日休みの仕事への就職も叶うかもしれません。

 

 

適正を考えずに仕事を探した方が可能性が拡がる

ちょっと極端な例かもしれませんが、つまり下手に適正を意識して自ら可能性を閉ざしてしまうのであれば、むしろ適正を考えずに仕事を探した方が自ずと可能性は拡がります。

 

ところでここまで聞いて、これってすごく当たり前なことだと思いませんか?

 

ここまで色々と話してきましたが、誰でも分かることなんですよね。

 

しかしいざ転職をするとなると、多くの人は適正に縛られてしまうのです。

 

では、なぜ適正に縛られてしまうのでしょうか?

 

何のために仕事をするのかという本質を考えることの方が大事ではないでしょうか?

参考 【考察】「人が働く理由は何なのか?」少なくとも、食うためではない

 

 

 

適正に縛られてしまう理由

それは「確証バイアス」と「現状維持バイアス」という、2つのバイアスが原因だと考えます。

 

 

人が無意識に抱いてしまっているバイアスによって、自然と適正に縛られてしまうのです。

 

 

確証バイアス

確証バイアスによって、自分のイメージや認識に固執してしまうのです。

 

このバイアスにかかると、自分に都合のいい(イメージしやすい)情報ばかりを集めて、それ以外を無視するようになります。

 

つまりそうなることで、現状の自分に近い仕事を選ぼうとしてしまうのです。

 

先ほど例に挙げた不動産業界の営業マンが転職する際に、B to C営業の仕事が自分に合うと思いそれに絞ってしまうことも、このバイアスが原因となっていることがあります。

 

バイアスに囚われてしまうことで、良い求人に出会うチャンスを逃している人も多いのです。

参考 【解説】「転職活動しても良い求人がない」希望に合う求人がない理由

 

 

現状維持バイアス

現状維持バイアスによって、変化よりも現状を留まることを望んでしまうのです。

 

このバイアスにかかると、 変化することで利益を得られる可能性があるのに、変化を恐れて行動を起こすことができなくなってしまうのです。

 

つまりそうなることで、今の状況に近い仕事(選択肢)を選ぼうとしてしまうのです。

 

転職を希望していた人が希望していた会社から内定をもらったにも関わらず、内定辞退してしまうことも、このバイアスが原因となっていることがあります。

 

 

 

 

”可能性を拡げる”仕事の探し方

ここまで「仕事の適正を考えて転職しない方がイイ理由」について話してきましたが、一方で自分の可能性を拡げることができる仕事に巡り合うにはどうしたらいいのでしょうか?

 

 

これには2つの方法があると考えていて、それがこちらです。

「強み」×「〇〇」で仕事を探す

アドバイザーをつける

 

ということで、この2つの方法について説明していきます。

 

 

「強み」×「〇〇」で探す

一つ目の方法ですが、自分の強みや特徴を何かと掛け合わせてみることです。

 

掛け合わせる何かについては、”今の仕事と関連性が薄いもの”の方が可能性が拡がる確率が高まります。

 

ちなみにこれによって「より良い条件の仕事への転職」を叶えた実例を紹介します。

以前僕が転職を手伝った人で、峯下さんという男性がいました。

 

彼はメガネ販売店で販売員をしていたのですが、家族を養うだけの収入が手に入らないということで、年収UPだけを目的に転職を希望していました。

 

しかし適正に基づいた小売業界や販売職といった仕事では、多少の収入UPは叶うものの、家族を養うだけの収入UPは全く見込めませんでした。

 

 

そこで、彼の強みを活かして大きく年収を上げることができる業界や会社を探すことにしたのです。

 

彼の強みを聞くと、それは”人から可愛がられる”ことだということでした。

 

実際にメガネの販売員をしていた時も、トークスキルやメガネの知識というよりは、”お客さんの懐に入り込んで人懐っこさをアピールすること”で成果を出してきということでした。

 

 

そこで僕は看護師に特化した人材紹介会社の営業に峯下さんを紹介することにしたのです。

 

なぜそうしたかというと、彼の強みである「可愛がられ力」を、(偏見かもしれませんが)プライドが高くなかなか心を開いてくれない病院従事者と看護師に対して発揮できると考えたからです。

 

また業界も職種も未経験であるがゆえに、それくらいしか活かせるものがなかったというのも事実です。

 

 

しかしそれが功を奏して、面接でも人懐っこさと峯下さんの頑張りがあって無事その会社に入社が決まったのです。

 

その結果、年収はメガネ販売員時の280万円から500万円に一気にUPしました。

 

また後日談として、峯下さんは入社後も「可愛がられ力」を活かして、わずか1年の内に営業職全体の10%に入る成績を残すまでになったと、彼を紹介した会社の担当者から聞きました。

 

 

このように、自分の強みや特徴をまったく関係のないものと掛け合わせてみることで、意外な可能性が見つかるかもしれません。

 

転職に成功する人と失敗する人の違いは何だと思いますか?

参考 【解説】転職に成功する人と失敗する人!コレを知ればうまくいく!

 

 

アドバイザーをつける

もう一つの方法が、アドバイザーをつけることです。

 

アドバイザーとは、あなたを客観的に見て伝えてくれる人のことです。

 

先ほど「適正に縛られてしまう理由」でバイアスについて話しましたが、アドバイザーがいることでバイアスに掛かるのを避けることができます。

 

例えばこんなことってありませんか?

 

自分では「明るくて押しの強い性格」が強みだと思っていたのに、他人に聞くと「計画的にコツコツ取り組めること」があなたの強みというようなことです。

 

このように、自分で思っている強みと他人が認識している強みが一致しないことは多いものです。

 

ちなみに、組織心理学者ターシャ・ユーリックの研究によると、「人は自分の95%を理解していると思っているが、実際は10%~15%程度しか理解できていない」そうです。

 

 

加えて、心理学者ティモシー・スミスは300組のカップルを対象に調査したところ、自分の性格を自身で判断した時よりも相手が判断した方が心疾患リスクなどを正確に分析していたそうです。

 

このようなことからも、転職エージェントに相談する効果は一理あると思います。

 

ちなみに、僕が転職をした時にお願いしたのがDODAです。

 

僕自身が転職エージェントでありますが、正直自分の強みや特徴に対して疑問を持っていました。

 

そこで、キャリアカウンセラーの人に相談をしたのです。

 

先ほど伝えた、「人は自分の95%を理解していると思っているが、実際は10%~15%程度しか理解できていない(ターシャ・ユーリック)」というのが正にそうで、色々と話を聞いてくれることで自分の強みや特徴を明確にすることができたのです。

 

加えて彼らは転職のプロであるため、転職ということに沿って様々なアドバイスをしてくれました。

 

僕自身、キャリアカウンセラーに相談したことを基に履歴書を作成し、面接に臨み、希望する企業から内定を得ることができました。

 

僕自身の経験からも、”アドバイザーをつける”というのは良い方法だと思います。

 

 

\10万件の求人から自分に合う仕事が見つかる/

DODA 転職者満足度No.1

応募書類の添削・面接のサポート

年収・入社日などを代わりに交渉

 

 

適正よりも適応を考えることが大事

転職においては適正を考えるよりも、適応を考えることが大事です。

 

 

適正に合う仕事を探すよりも適応できる仕事を探す方が、結果的に幸福な転職となるはずです。

 

 

あまり適正にとらわれてしまうと、あなたの可能性を狭めた転職しかできなくなってしまいます。

 

 

一方で「自分が適応できそうな環境はどこか?」という意識で転職することで、可能性を拡げた転職が叶うかもしれません。

 

 

仕事の探し方が分からない場合は、転職エージェントに相談してみることをオススメします。

その際は、自分に合った転職エージェント選びが重要です。

状況に合わせたオススメの転職エージェントがこちら【パターン別】

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

KEI

仕事やキャリア、生活などに役立つ情報を科学や雑学を交えて発信しています。 仕事の仕方、時間の使い方、コミュニケーション、キャリア形成、睡眠、食事、フィジカルケア及びメンタルケアなどを基にハタラクのアップデートを目指します。 プロフィールはこちら

-転職
-,

Copyright© ハタラクを考えるブログ , 2020 All Rights Reserved.