転職

【解説】「転職が難しい40代」それでも転職がうまくいく人の特徴

更新日:

 

やっぱり40代の人の転職のサポートは厳しいですね・・・。
キャリ子

 

 

KEI
確かに、僕のもとに転職相談に来る40代の人の8割は年齢を理由に見送られてしまいますね。

 

 

多くの求人を見渡してみても、「長期勤続によるキャリア形成のための年齢制限」という一文の下、年齢制限を設けてますしね。
キャリ子

 

 

 

KEI
しかしそのような中でも、うまく転職を叶える40代の人もいるのです。
KEI
そして、転職を叶える40代の人にはいくつかの共通点があるのです。

 

 

 

うまく転職を叶える40代の共通点って何ですか?
キャリ子

 

 

KEI
それでは、「40代でも転職がうまくいく人の特徴」について解説していきましょう。

 

 

 

40代でも転職がうまくいく人の特徴

先ほども話したように、40代(厳密に言うと36歳以上)になると転職できる可能性が一気に低下します。

 

 

もちろん年齢問わず募集している介護業界や建設業界、飲食・小売業界など、人手不足かつ不人気の業界であれば40代でも難なく就職できるものです。

 

 

ただし、これらの業界は低賃金かつ就労環境もあまり良いとは言えません。

 

 

一方で40代にでも収入を落とさず、かつある程度自分の希望に沿った仕事に難なく就くことができる人も一部存在します。

 

 

 

ちなみに今は年代問わず転職が厳しい状況です。

しかし難なく転職している人もおり、彼らは業界動向をちゃんと把握しています。

不況に弱い業界と強い業界。これから転職する人は必見!!【考察】

続きを見る

 

 

40代で転職がうまくいく人とは?

ここでは、僕が出会った”40代でも希望通りの転職を叶えた人”の特徴について紹介していきます。

 

ちなみにここに挙げる人については、「その業界で名が知れている」、「社外取締役に就いている」、「ヘッドハンティングされる」ようなスーパーマンというわけではありません。

 

それよりもむしろ、いわゆる普通のサラリーマンである人です。

 

そして、これらが「40代で転職がうまくいく人の特徴」です。

プライドはないが下心はある

見た目が若い

法人向けの営業をしている

 

一つずつ解説していこうと思います。

 

 

40代で転職エージェントを使う場合は、大手だけではなく中堅以下のエージェントも使うことをオススメします。

オススメ
状況に合わせたオススメの転職エージェントがこちら【パターン別】

続きを見る

 

 

プライドはないが下心はある

40代で転職がうまくいく人は”プライドはないが下心はある”人です。

 

年配者なのに必要以上に謙遜する人の方が、印象が良いと言えます。

 

それなりに経験もしている人なのに、「私なんて全然ですよぉ。むしろ色々教えていただきたいくらいです」と年下の人に言える謙虚な人って好感が持てませんか?

 

つまり、プライドがないと感じさせるほど謙虚さがにじみ出ることで、他人の警戒心を解くことにつながるのではないかと思います。

 

ただし一方で、下心を持つことが大事です。

 

下心とは変な意味ではなく、自分の利益を得るためのいわゆる”したたかさ”です。

 

単にプライドがない人は、なめられてしまいます。

 

しかし下心を持っている人であれば、その下心は「自分の利益を手に入れるためにプライドを捨てて、周囲を味方にする術」になるからです。

 

40代で転職をすると、部長や課長といったポジションへの転職じゃない限り、自分より若い人が先輩社員という構図になります。

 

そのため下手にプライドを持ってしまうと、簡単に若手社員との間に溝ができ、相手にされなくなってしまうのです。

 

また、下手に自信満々な態度で面接に臨んでくるような人を企業は嫌うため、いずれにせよ選考に通らないことがほとんどですが。

 

だからこそ、まずはプライドを捨て、次に下心を持つことが大事なのです。

 

転職に成功する人というのは、それ相当の理由があるものです。

参考 【解説】転職に成功する人と失敗する人!コレを知ればうまくいく!

 

 

見た目が若い

40代で転職がうまくいく人は”見た目が若い”人です。

 

やはり見た目の若さは、相手に与える印象が良いと言えます。

実際にあった話なのですが、僕の紹介でとある会社の営業職の求人に二人の男性が応募しました。

 

この二人を仮に近藤さんと林さんとしましょう。

 

近藤さんも林さんも業界は違えど法人営業の経験があり、経験値的にはほとんど差がありませんでした。

 

また、コミュニケーションや人柄も何ら問題ない方々でした。

 

 

一方で二人の違いは年齢で、近藤さんは40歳で林さんは33歳でした。

 

しかし、明らかに近藤さんは実年齢より若く見える一方で、林さんは実年齢より老けて見えたのです。
(僕の実感地として、近藤さんは30代前半、林さんは40代前半という感じです)

 

そして選考の結果、年齢が高い近藤さんが採用となり、年齢が若い林さんは見送りとなったのです。

 

そこで僕は企業側にこの結果に至った理由を尋ねたところ、「二人とも能力に差はないと思うのですが、近藤さんの方が若々しかったので」ということでした。

 

 

つまり、”若さは武器”になるということです。

 

もちろん営業という職種の特性から、若々しい印象を与える近藤さんが採用されただけという可能性もあります。

 

しかし、人は思っている以上に印象で物事を決めるのです。

 

だからこそ、40代であっても見た目を若々しく保つことは大事だと言えるでしょう。

 

若さを引き出すには服装から入ることをオススメします。

関連記事 【解説】転職時の面接におけるマナー。服装で印象を良くする方法

 

 

法人営業をしている

40代で転職がうまくいく人は”法人営業をしている”人です。

 

これは言わずもがなですが、法人営業をしている人はある程度の人脈と情報を持っているからです。

 

法人向けの営業をすると、その会社の人(自分が扱う商品やサービスを提案する担当者)とつながれるのはもちろん、その会社の求人情報も知り得ることができます。

 

特に採用に苦労する企業が多い今、高く採用費を掛けて採った人がすぐに辞めてしまうリスクを負うくらいなら、自社を知っている人を費用を掛けずに採った方が良いと思っている企業は少なくありません。

 

すると、”自社に営業に来てくれるあの人”に声を掛けてみようとなるわけです。

 

一方で法人営業をしていない人でも、社会人が集うコミュニティに属していれば、そこを通じて転職できる可能性も拡がります。

 

ちなみに僕はフットサルコミュニティを通じて転職の誘いを受けたこともあり、こちらの記事に詳しく書いています。

参考 【解説】「仕事を辞めたい」辞める前の準備が転職を有利にする

 

 

 

40代で転職するために最も大事なことは?

ここまで、”40代でも転職がうまくいく人の特徴”について解説してきました。

 

 

しかし、40代で転職するために最も大事なことは”プライドを捨てること”なのではないかと思います。

 

 

なぜなら、それこそが他人から興味を持ってもらえる一番の要素だからです。

 

 

先ほど、「それなりに経験もしている人なのに、『私なんて全然ですよぉ。むしろ色々教えていただきたいくらいです!』と年下の人に言える謙虚な人って好感が持てませんか?」と言ったように、謙虚であることは人を惹きつけます。

 

 

ただ実際には、人は年齢を重ねるごとにプライドが高くなりがちです。

 

 

そしてプライドが高くなると、謙虚さが失われてしまいます。

 

 

プライドを捨てると自尊心が失われるような気がするかもしれませんが、実際にはそうではありません。

 

 

プライドを捨てることは自分を解放し、他人からの警戒心を解くことなのです。

 

 

そして他人の警戒心を解くことで、他人との結びつきが生まれ、多くのチャンスが舞い込むことにつながります。

 

 

ちなみにロンドン大学ユニバーシティカレッジの研究でも、”心理学的には謙虚な人の方が能力が高く見られる”ということも言われています。

 

 

40代でも転職を成功させたいのであれば、プライドという鎧を脱ぐことが大切なのではないでしょうか。

 

僕の経験上、40代で転職できる人ほど求人の探し方がうまかったりします。

参考 【方法】転職したいのに求人がない時に試してみるべきことはコレ

 

 

 



そうは言っても40代での転職は大変

40代で転職がうまくいく人もいますが、それは一部です。

 

 

求人の大半が若年者がターゲットですし、また40代で転職する人を白い目でいる人もいるのも事実です。

 

 

しかし、40代だとしても転職を成功させたいのであれば、自分の経験やプライドにすがるのはやめましょう。

 

40代でも転職できる人の特徴

プライドはないが下心はある

見た目が若い

法人営業をしている

 

転職活動をするのであれば、まずはそのプライドを捨てることから始めることをオススメします。

 

 

そもそも「何のために働いているのか?」を思い出せば、プライドを捨てやすくなるのではないでしょうか?

働く理由はお金?趣味?存在意義のため?それとも◯◯のため?【考察】

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

KEI

仕事やキャリア、生活などに役立つ情報を科学や雑学を交えて発信しています。 仕事の仕方、時間の使い方、コミュニケーション、キャリア形成、睡眠、食事、フィジカルケア及びメンタルケアなどを基にハタラクのアップデートを目指します。 プロフィールはこちら

-転職
-, ,

Copyright© ハタラクを考えるブログ , 2020 All Rights Reserved.