転職

【理由】「転職したい!」理由が人間関係という人ほど失敗するワケ

更新日:

 

私の友人が人間関係を理由に転職するらしいんですよ~。
キャリ子

 

 

KEI
転職の理由としては多いですよね。

しかし、人間関係だけを理由に転職を考えることオススメしません。

 

 

そうなんですか?でも、転職理由で一番多いのが人間関係なんじゃないですか?
キャリ子

 

 

KEI
確かにそうですね。

そういう僕も、過去に人間関係に悩んで転職を考えた経験があります。

 

 

じゃあ別にイイじゃないですか!
キャリ子

 

 

 

KEI
それが、人間関係を理由に転職する人ほど、転職に失敗する可能性が高いんです。

 

 

 

それは、どういうことですか?
キャリ子

 

 

KEI
どういうことだと思います?

ということで、「人間関係だけを理由に転職すると必ず失敗する」ということについて話していきましょう。

 

 

 

人間関係だけを理由に転職を考えるのは危険

人間関係だけを理由に転職すべきではないのは、転職という手段が根本的な問題解決に至るかどうか不明確すぎるためです。

 

 

転職とは本来、自分の能力や経験値を上げるために行なうことで、キャリアアップや年収アップ、自由度アップ(裁量権のある業務の獲得)につなげる手段だと言えます。

 

 

一方で、人間関係とは漠然としていて曖昧なものです。

 

 

人間関係という問題が曖昧であるのに、他の環境に自分が求める人間関係があるのかどうか、そもそも確かめようがありません。

 

「うちの会社はフラットで人間関係も良好だよ」

「この職場はみんな和気あいあいとしているよ」

 

こんなことを言う社長や面接官はよくいます。

 

 

しかしそれは、あくまで主観的な意見であり客観的に捉えることができないため、あなた自身がはたしてそう思えるかは分かりません。

 

 

実際、”あなた自身に合うのかどうかは、あなた自身じゃないと分からない”ため、転職前にそれを確かめる術はありません。

 

しかし口コミサイトを見ることで、客観的にではあるもののある程度その会社を伺い知ることはできます。

参考 転職するなら会社の口コミを確認すべき理由とオススメの口コミサイト

 

 

 

人間関係を理由に転職する場合のリスク

転職した結果、あなたが求める人間関係が手にはいるかどうかは分かりません。

 

 

そして、人間関係を理由に転職することには3つのリスクがあるのです。

 

 

会社や職場を変えても、自分と合わない人はいる

当たり前のことですが、どの職場にも自分と合わない人はいるものです。

 

学生時代、クラス替えをしても、自分とは価値観や考えが違う人がいませんでしたか?

 

ただ学生時代は、そういった人と付き合わなくても大した問題になることはなかったと思います。

 

しかし会社においては、年齢や入社時期、出身地もバラバラな人の集まりで、あなたと合わない人がいる可能性が高いにも関わらず、その人たちと関わっていかなくてはいけません。

 

どこに行っても人間関係には悩まされるものです。であれば、対処法を心得ておけば安心できます。

参考 仕事には人間関係の悩みがつきもの。嫌やあの人への対処法【解説】

 

 

人に対する免疫力が低下してしまう

人間関係を理由に逃げると、人に対する免疫を弱めてしまうことにつながります。

 

「この人とは合わない、あの人とも合わない」と言ってその環境から逃げていると、それが普通になってしまいます。

 

よく婚活している人に見られる傾向で、自分でも気づかないうちに相手に求める条件が上がっていくということと似ていて、人に対して許容できる範囲がどんどん狭くなっていってしまうのです。

 

すると、あなたが許容できる人のハードルが上がっていき、結果的に環境を移るごとに合わない人の方が多くなってしまいます。

 

ちなみに「好きを仕事に」することも、仕事に対する免疫を弱めてしまいます。

参考 【解説】「好きを仕事に!」最初から仕事に情熱を求めることの危険性

 

 

コミュニケーション力が上がらない

「人に対する免疫力が低下する」ことにも通じますが、いわゆる人間関係を構築する基になるコミュニケーションスキルが身に付かなくなることです。

 

このスキルは特に、自分と合わない人や苦手な人と対峙する中で磨かれるものです。

 

そのため、転職活動をしたとしても、企業が求めるのはコミュニケーションスキルが高い人、つまり「自分と合わない人とも円滑に関係構築できる人」なので、前職からこの部分の成長が見られない人はそもそも見送られる可能性が高いと言えます。

 

人間関係から逃げることで、仕事をしていく上でとても重要なコミュニケーションスキルの成長を止めてしまうのはもったいないでしょう。

 

特に上司に悩む人は多いと思いますが、嫌な上司にも気に入られれば居心地は悪くないはずです。

参考 「上司への対策」気に入られるにはこの3つのテクニックが大事【解説】

 

 

 

人間関係に悩んだら、まずはコレを試してみよう

人間関係に悩んだままなのは辛いですし、我慢したとしてもそれだけで精一杯で、まともに仕事も手につかなくなってしまうということも分かります。

 

 

だからこそ、できる限りのことをした上で、それでもダメだった場合の最終手段として転職をすればいいのです。

 

 

人間関係を改善するテクニック

できる限りのことをやった上で転職すれば、成長した上で転職ができるため、先ほど伝えたリスクを抑えることができるはずです。

 

ということで、人間関係の悩みがあるときに試してみるべきことを挙げていきますので、人間関係で悩んでいるという人は試してみてはいかがでしょうか。

 

人間関係の悩みが無い人ほど根回し上手って知ってました?

参考 「根回しは無駄?」効果的な根回し方法を知れば絶対に役に立つ【解説】

 

 

相手の良いところを探してみる

人は誰でも、良いところの一つや二つはあるものです。

 

良いところが見つかると、その人に対して自然と興味が湧くものです。

 

興味を持つことができれば、自然と相手をフラットに見ることができるようになり、相手に対してのハードルが下がります。

 

このハードルが下がることで、コミュニケーションを取りやすくなります。

 

さらに、もしできるのであれば、相手の良いところを褒めてみてください。

 

なぜなら、人は自分が魅力だと思っているポイント(見た目ではなく、あくまで内面や能力)を褒められると良い気分になると言われています。

 

また、2000年にロチェスター大学で行なわれた198名を対象にした研究でも、いわゆる自己証明効果を満たすように褒めることで、相手から好意を得ることにるながるそうです。

 

 

プライベートな話をしてみる

人は、お互いの情報を知っているからこそ仲良くなるのです。

 

つまり、信頼している人にプライベートな話をするのではなく、プライベートな話をしてしまったから相手のことを信頼するのだと言われています。

 

一番良いのは、お互いのプライベートな話をすることです。

 

あなたからから話すことで”自分は怪しくない”というアピールになり、相手も話そうという気になります。

 

また、相手のプライベートな情報を知ることで、その人に対しての認識が修正されること多いものです。

 

例えば、「怖い上司が実は自分の奥さんと子供にメロメロで、家庭では尻に敷かれている」と知れば、意外とカワイイ人だと思えるようになるのではなないでしょうか。

 

 

仕事のサポートを依頼してみる

人は、誰かから助けを求められると気分が良くなるものです。

 

そして実は、人は助けた相手に自然と好意を抱くのです。

 

人は、自分が手間と時間を掛けたものに対して、”重要なもの”だと思うバイアスが発生します。

 

例えば、自分で考えて出したアイディアや、自分で作った資料があった場合、それに対して愛着が湧くきませんか?

 

自分に対しての、ちょっとしたアドバイスを依頼するくらいのことで構いません。

 

相手があなたに対して「何かをしてあげた」という意識を持つことが重要なのです。

 

ただし、必ず相手が得意ことに限定しましょう。

 

例えば、エクセルスキルが高い人であれば資料作成の方法を、営業成績が良い人であれば営業のノウハウを尋ねるなどです。

 

もし不得意なことをを頼まれれば、逆に相手から嫌悪感を向けられてしまうかもしれませんので。

 

 

秘密を共有してみる

人は、誰かと秘密を共有することで、その人との親密感が増すのです。

 

誰にでも経験があるかと思いますが、こっそりその人の好きな人を教えてもらったことで、なぜかその人のことを、それまで以上に近しい存在に感じたことはありませんか?

 

この原理を利用して、例えばお互いが思っている会社への不満や会社のいる苦手な人など、共通の敵を共有することが効果的です。特にゴシップネタなどが良いでしょう。

 

またこの原理は、特に異性間で効果的だとされているので、あなたの苦手な人が異性であれば試してみる価値はあるでしょう。

 

 

人間関係を構築するには自分はどんな人で、どういう人と相性が良いのかを知ることも大事です。

人気記事
【診断】ビッグファイブで自分の本当の性格を知ろう!意外な結果が?

続きを見る

 

 

 

人間関係を作る自信がない人の方が、良い人間関係を作れる可能性が高い

ここまで人間関係を改善するテクニックを挙げてきましたが、それでも自信が無いという人もいることでしょう。

 

 

でも実は、自信が無い人の方が良い人間関係を築けるのです。

 

 

なぜなら、自信が無いときこそ相手を気にするようになります。

 

 

しかし、それを表現できないがゆえに自信を持てないのです。

 

 

そのため、先に挙げたような表現の仕方さえできれば、むしろ自信がある人よりもうまく人間関係を構築できる可能性が高いと言えます。

 

 

自信がある人は表現方法を使うのは上手い一方で、相手のこと気遣う傾向が自信が無い人に比べて低いものです。

 

 

自信がない分相手をしっかり観察して、どのように関わればよいのかを考えることがコミュニケーション力を上げるきっかけになるはずです。

 

良い人間関係を築きたいのであれば、EQを高めるのがオススメです。

参考 【紹介】「これからはⅠQよりEQの時代?」人生を豊かにする指標

 

 

 



転職は最終手段

人間関係を改善しようと頑張った結果、それが叶わなかったときにの最終手段を転職としましょう。

 

 

ここまで伝えてきたように、人間関係で悩んだ場合、まずは何とか改善できないか試してみることが大切です。

 

 

考えて改善しようとする行動が、あなたを高めてくれるはずです。

 

 

誰しも、仕事において人間関係に悩むものです。

 

 

しかし、それは成長への糧になることもまた事実です。

 

人間関係に悩んだときに試してみること

相手の良いところを探してみる

プライベートな話をしてみる

仕事のサポートを依頼してみる

秘密を共有してみる

人間関係を作る自身が無い人の方が、良い人間関係を作れる可能性が高い

 

 

お金を理由に転職する人も、結果的に失敗する人が多いのも事実です。なぜか分かりますか?

【理由】「お金が欲しい!」この理由で転職する人ほど失敗するワケ

続きを見る

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

KEI

仕事やキャリア、生活などに役立つ情報を科学や雑学を交えて発信しています。 仕事の仕方、時間の使い方、コミュニケーション、キャリア形成、睡眠、食事、フィジカルケア及びメンタルケアなどを基にハタラクのアップデートを目指します。 プロフィールはこちら

-転職
-, , ,

Copyright© ハタラクを考えるブログ , 2020 All Rights Reserved.