お金

【考察】20代~30代のお金の使い道。一体何に使っているのか??

更新日:

 

KEI
ところで、キャリ子さんは何にお金を使っていますか?

 

 

私は結構飲みに行くので、そこで散財してしまいますね(笑)

でも、みんなは何に使ってるんだろう??

キャリ子

 

 

KEI
「何にいくら使っている」みたいな話って普段あまりしないですよね。

もししたとしても、限られた友人とだけで、細かいところまで聞いたりはしないですよね?

 

 

確かに、お金の話ってあまりしないですからね。
キャリ子

 

 

 

KEI
でも正直、「他の人たちは何にお金を使っているの?」と思いませんか?

 

 

 

そう言われると、気になります。
キャリ子

 

 

KEI
恥ずかしながら僕も他人が気になるタイプなので、同年代の人が”普段どんなことにお金を使っているか”気になってしまいます。

 

 

意外と気にするんですね(笑)

でも、私と同年代の20代の人たちって一体どんなことにお金使ってるんでしょう?

キャリ子

 

 

KEI
それでは今回は、「僕の20代~30代でのお金の使い道」について考察していこうと思います。

 

 

 

20代・30代のお金の使い道

まずは、このブログの主な読者である20代~30代のお金の使い道についてです。

 

 

まずは20代のお金の使い道ですが、こちらをご覧ください。

 

 

4年前のデータになりますが、現在と比べてもそこまで大差ないと思われます。

 

 

また、こちらは男女別のデータです。

 

 

そしてこちらが30代のお金の使い道に関するデータです。

 

引用元 20代必見!「将来の自分」が分かる?30代・40代の金銭感覚 - 若者のアンテナ

 

オススメ
状況に合わせたオススメの転職エージェントがこちら【パターン別】

続きを見る

 

こう見ると当たり前と言えば当たり前ですが、独身の時は先ほど示した「交際」「趣味」「食費や家具・家電」に主に使っているようです。

 

 

しかし、結婚したり子どもができると「家族」や「子供」へとお金の使い道がシフトしていきます。

 

 

と、ここまでは一般的な20代~30代のお金の使い道について話してきましたが、ここからが本題です。

 

 

実際に僕自身が20代から30代になるにつれて、どのおようにお金の使い道が変わったのかを自分で調べてみました。

 

お金の使い方を考えるということは、お金の貯め方を考えることにつながります。

参考 【理由】「いつの間にかお金が減る」ある心理作用が原因なのです。

参考 【解説】「お金が貯まらない」それは効果的な節約ができていないから

 

 

 

KEIのお金の使い道

僕は社会人になってから家計簿をつけていて(もう10年ほどになります)、今回そのデータを振り返って自分のお金の使い道を振り返ってみました。

 

 

結婚したのが28歳で、子供が生まれたのが34歳の時ですので、20代で独身、30代で結婚、子供と、自分で言うのもあれですが、参考になるのではないかと思います。

 

 

それでは、20代と30代における、僕のお金の使い道について見ていきましょう。

 

 

”性格”はお金の使い方に表れると言いますが、あなたの性格はお金の使い方に表れていますか?

人気記事
【診断】ビッグファイブ理論!コレであなたの本当の性格が分かる?!

続きを見る

 

 

年代別のお金の使い道

20代の頃と30代になってからのお金の使い道です。

 

それでは20代の頃から見ていきましょう。

 

 

20代の頃のお金の使い道

20代のころの僕の状態がこんな感じです。

サラリーマン+副業

年収300万~350万

車なし

独身

一人暮らし→結婚

 

そして、こちらが僕が20代だったころのお金の使い道おです。

 

 

30代の頃のお金の使い道

つづいて、30代のころの僕の状態です。

サラリーマン+副業

年収400万~500万

34歳で子供生まれる

2人暮らし→3人暮らし

車なし

 

 

こちらが僕が30代だったころのお金の使い道おです。

 

 

自分のお金の使い道についての考察

改めて自分のお金の使い道を振り返ってみて思ったことは、以下のことです。

家賃の割合が多い

子供が生まれて交際費と旅行(趣味)が減った

20代は食費を切り詰めていた

20代も30代も光熱費は節約している

コツコツ自己投資(本)できている

 

こう振り返ってみると、20代の頃は割と倹約していたと思います。

 

遊びと旅行にお金を使うため、食費や通信費をかなり切り詰めていました。
(冷食弁当は今も変わらずですが 笑)

 

実際、平日は22時ころ帰宅しても自炊し、冷凍食品を詰めた弁当を日々持って行っていた記憶があります。

 

 

一方30代になり、結婚し子供が生まれてからは、子供や食費(家での)に使う金額が大きくなりました。

 

自分で言うのもあれですが、健全な家計かと思います。

 

家賃が占める割合が多少大きいですが、その代わり車を所有していません。
(都市部の場合、車を持つメリットはほとんど無いです。今はレンタルやシェアも多いので)

 

 

また20代~30代を通じて、一定金額を自己投資として使うことで本業や副業につながっている部分もあります。

 

そのため、稼ぎを増やしたいのであれば、少なからず自己投資することをオススメします。

 

株などの金融投資も余剰資金があるのであれば、勉強も兼ねて行うのもいいと思います。

 

しかし知見に乏しい20代~30代のうちは、本を読んで知識を蓄えたり、ジムに行って体力づくりをしたりと、自己投資した方が後々得られるリターンは大きい気がします。

 

収入の30%を貯金していた僕の貯金術がこちらです。

参考 【方法】「3つのお金の使い方のルール」収入の30%を貯金できる!

 

ちなみにグラフには反映されていませんが、20代の頃は「飲み会」と「洋服」へお金を使うことが多かった記憶があります。
※結婚してからはほとんど使っていません。

 

なぜこの2つにお金を使わなくなったかというと、「モテ」を意識しなくなったからだと思います。

 

特に意識はしていなかったのですが、おそらく結婚したことで異性に対しての視点が欠落したのだと思います。

 

つまり、出会いを求めなくなったために「飲み会(合コン)」が減り、出会う機会がなくなり異性に対しての見栄えを気にしなくなったために「洋服」が減ったのです。

 

これは、人間という生物学的に根拠ある理由なのではないかと、自分なりに思っています。

 

お金の使い方を工夫することで、手元に残る金額は全然違います。

参考 【解説】「賢いお金の使い方」それには2つの要素が関係している

 

 

 

スポンサーリンク


年齢とともに価値観も変わる

この記事では20代・30代と僕自身のお金の使い道について考察してきました。

 

 

そこで思ったのは、歳とともに価値観は変わっていくということです。

 

 

実際に僕は、20代の頃にお金を使っていた”飲み会”や”洋服”には魅力を感じなくなりました。

 

 

今30代となって思うのは、自分の趣味よりも、家族と楽しめることにお金を使いたい欲求の方が大きかったりします。

 

 

そしてこのような考え方は無意識に芽生えたものであり、ほとんどの人が歳とともに自然とお金の使い道が変わっていくのではないでしょうか。

 

 

お金はとても大事ですが、それ以上に時間が重要なのです。なぜだか分かりますか?

【疑問】お金と時間どっちが大事?○○を大事にした方が幸福な理由

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

KEI

仕事やキャリア、生活などに役立つ情報を科学や雑学を交えて発信しています。 仕事の仕方、時間の使い方、コミュニケーション、キャリア形成、睡眠、食事、フィジカルケア及びメンタルケアなどを基にハタラクのアップデートを目指します。 プロフィールはこちら

-お金
-

Copyright© ハタラクを考えるブログ , 2020 All Rights Reserved.