転職

転職エージェントが教える合格率を高める面接練習法3選【解説】

投稿日:

 

ところで、面接に臨むにあたって必要なことって何だと思いますか?
キャリ子

 

 

 

KEI
ズバリ、面接練習です。

 

 

 

練習ですか?
キャリ子

 

 

KEI
そうです、練習です。

なぜなら、面接とは舞台で演じるようなものだからです。

 

 

舞台で…演じるですか?
キャリ子

 

 

KEI
はい。

面接の場で何の加工もせずに素の自分を出すということはありませんよね?

 

 

確かにそうですね。
キャリ子

 

 

KEI
つまり、面接とは面接という舞台で面接を受ける人を演じることと同じなのです。

 

 

なるほど。
キャリ子

 

 

KEI
だからこそ、面接を受ける人を演じるためには練習が必須だと僕は考えます。

しかし実際には、面接へぶっつけ本番で臨んでしまう人が多いものです。

 

 

言われてみれば、商品やサービスの良さを伝えるプレゼンでは練習する人がいる一方で、自分の良さを伝える面接の練習をする人はいませんね。

でも、どのように練習すればいいのでしょうか?

キャリ子

 

 

KEI
それでは、「面接の合格率を高めるための面接練習法」について説明してきましょう。

 

この記事を読んでほしい人

  • これから面接い臨む予定の人
  • なかなか面接に受からない人
  • 面接の練習をしようと考えている人

 

 

面接の練習方法

 

冒頭でも出たように、面接に臨むにあたって面接練習をしたか否かによって結果の明暗が分かれると言っても過言ではありません。

 

 

面接という場において、自分の意見や考えを相手に理解してもらい、かつ自分という人間を相手に良い印象を持ってもらうというのは、考えている以上に難しいものです。

 

 

ただでさえ緊張している最中、相手の質問内容とその意図を理解し、自分の頭の中にあるものをまとめて相手に分かりやすいように伝えるということを即興でできるでしょうか?

 

 

ほとんどの人ができないと思います。

 

 

実際、面接同席して多くの人の面接の様子をこれまで見てきましたが、話を相手に伝わるように、かつ印象良く魅せられている人というのは、10人に1人いるかいないかというところです。

 

 

だからこそ面接に臨むにあたって、練習が必要だと言えるのです。

 

 

求人を探すならこちらがオススメ

DODA 転職者満足度No.1

 

3つの効果的な面接練習方法

 

それでは、どんな面接練習をすれば本番でうまく演じることができるのかということで、ここでは効果的な面接練習の方法を3つご紹介しましょう。

 

それがこちらです。

動画を撮る

人に見せる

実践する

 

これらに関しては個別行ってもいいですが、できれば「動画を撮る→人に見せる→実践する」の順序で行うのがオススメです。

 

 

それでは詳細についてそれぞれ説明していきましょう。

 

面接に落ちる人にはいくつかの特徴があります。当てはまっていたら注意です。

関連記事 【解説】転職エージェントが教える面接に落ちる人の15の特徴とは?

 

 

動画を撮る

一つ目は、自分の面接の様子をスマホなどで動画に撮って見ることです。

 

面接やプレゼンなど、自分が振る舞っている様子を客観的にみると、自分がイメージしているものとはかなり異なっていることが多いものです。

 

自分では自信満々かつ流暢に振る舞えているように思っていても、自分の姿を客観的に見ると、実際には虚ろで慌ただしい振る舞いだったりします。

 

そのため、まずは面接を想定した振る舞い(話し方や話の流れ、視線、表情、手のしぐさなど)を相手の視点になって確認してみることが重要です。

 

これによって、面接における自分の修正すべき点が洗い出されます。

 

ちゃんと笑顔を魅せれていますか?

参考 面接での笑顔の重要性とは?効果的な笑顔とは?【解説】

 

 

人に見せる

二つ目は、誰かに見せることです。

 

これは友人などに面接官役になってもらい、自分の面接での振る舞いを見てもらうのです。

 

他人に見せることで客観的なフィーバックを得られることができます。

 

先ほど挙げた動画を撮って見るだけだと、あくまで主観的な見方にしかならず、第三者がどのように感じるのかを確かめることはできません。

 

というのも、自分では良かれと思っていたのに、他者からすると変な癖に思える振る舞いだったり、言っていることが理解できなかったりするものです。

 

友人や両親などに面接練習を頼むのは気が引けると思います。一方転職エージェントを使えば、より具体的かつ的確なフィードバックが得られるはずです。

 

どの転職エージェントを使えばいいのか分からない人はこちらをどうぞ。

参考 状況に合わせたオススメの転職エージェントがこちら【パターン別】

 

 

実践する

三つめは、実際に企業の面接を受けてみることです。

 

それでは本番ではないかと思うかもしれませんが、あくまで本命ではない企業を受けるのです。

 

この練習方法が最も面接での対応力が身に付く方法だと言えます。

 

面接の独特な緊張感を味わえ、かつ面接官から正に面接での質問を受けることができるからです。

 

実際の面接を体験することで場慣れし、緊張下における自分がどのような振る舞いができるのかという最適なデモンストレーションになるはずです。

 

一方で、「入社希望もしない企業の面接を受けるなんてけしからん」と思う人もいるかもしれません。

 

そのため、もし内定が出て条件が自分の希望以上なら入ってもいいと思う企業や、自分の興味がある業界・職種で希望度が高くない企業に絞って受ければ罪悪感を抱かずに受けれるのではないでしょうか。

 

ただし、あくまで書類選考に通過しなければ実践練習を受けることはできませんので、その辺のバランスに多少注意しなければいけません。

 

時間がない人は面接にあたってこの2つさえ押さえておきましょう。

参考 面接準備は1時間あれば十分!この2つを押さえておけばOK【解説】

 

 

面接もスポーツの試合と同じ

 

ここまで効果的な面接練習方法を紹介してきましたが、改めて面接を控えている人は練習を欠かしてはいけません。

 

 

なぜなら、面接もスポーツの試合と同じだからです。

 

 

サッカーや野球、陸上競技などのスポーツの試合や競技会でも、練習をせず本番に臨むということはありません。

 

 

スポーツの試合に臨むにあたっては、ボールの蹴り方や投げ方、身体の動かす順序などを確認したり、シミュレーションとして実戦形式の練習試合などをするものです。

 

 

これと同じで、面接も自分の頭の中で思い描いているものを言葉にしたり、話している時の表情や声の出し方、身体の動作なども練習をしないと思ったように行うことはできないのです。

 

 

今後の自分の仕事を決めるとても大事な試合へ臨むにあたって、何の練習もなく臨んで果たして良い結果を得ることができるとは思えません。

 

 

転職エージェントは面接のサンプルケースを数多く持っていますので、面接対策に有効活用できるでしょう。

 

 

 

本気で面接に受かりたいなら練習を

 

面接で自分の考えや思いを言語化し、表現することは一朝一夕ではできないものです。

 

 

面接もある種のスキルが必要とされる場であることは間違いなく、すなわちそこでスキルを発揮する必要があるということです。

 

 

したがって面接においてスキルを発揮するためにはスポーツなどと同様に練習が必要なのです。

 

 

本命の企業を受けるという場合は、面接練習を積んだ上で臨むことをおすすめします。

 

 

面接において最も重要なことは印象を良くすることです。

オススメ
「印象を制す者が面接を制す」面接の合否は9割が印象によって決まる

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

KEI

仕事やキャリア、生活などに役立つ情報を科学や雑学を交えて発信しています。 仕事の仕方、時間の使い方、コミュニケーション、キャリア形成、睡眠、食事、フィジカルケア及びメンタルケアなどを基にハタラクのアップデートを目指します。 プロフィールはこちら

-転職
-,

Copyright© ハタラクを考えるブログ , 2020 All Rights Reserved.