転職

「面接での自己PR」経験や実績はむしろ不要!?【回答例あり】

更新日:

 

面接での自己PRってどうしたらいいんだろう…?
キャリ子

 

 

KEI
どうしたんですか?

 

 

実は、面接を控えている人から「面接の自己PRで何を話したらいいですか?」と質問されたんですけど、何て答えたらいいか分からなくて。
キャリ子
自己PRといっても、”自慢できるような経験や実績”なんて何もないらしくて…。
キャリ子

 

 

 

KEI
なるほど。でも大丈夫です。

なぜなら、経験や実績があるより、むしろ何もない方が面接に有利になるからです。

 

 

 

そんなわけないじゃないですか!

絶対に経験や実績があった方がイイに決まってます!!

キャリ子

 

 

KEI
もちろん、人物面で劣っている場合はそうでしょう。
KEI
しかし経験や実績以外の能力が同等であれば、むしろ下手に経験や実績を持たない方がいいのです。

 

 

えぇ~、ホントですか??怪しいですね。
キャリ子

 

 

KEI
確かに信じ難いですよね。

それでは、「自己PRでは経験や実績が不要である理由とその場合の自己PRの方法」について解説していきましょう。

 

 

この記事を読んでほしい人

  • 面接で自己PRをどう伝えればいいか分からない
  • 特に経験や実績を持っているわけではない
  • 異業界・異職種での転職を考えている

 

 

なぜ自己PRでは実績や経験が必要ないのか?

まずはこちらの実験についてご覧ください。

2012年にハーバード大学で行なわれた実験で、学生を集めて就職活動に対する架空のシナリオを想像させました。

 

そして企業の面接官になったところを想像して、下記の2つのグループでどちらのほうが印象が良いのかを判定したのです。

 

(1)達成グループ(すでに2年間の職歴も必要な資格も持っていてリーダーシップテストでも高得点を取っていて既に有している経歴を紹介されたグループ)

 

(2)ポテンシャルグループ(仕事の経験こそないがリーダーシップテストでは高得点を取っていて可能性は期待できると紹介されたグループ)

 

その結果、「どちらを採用したいと思いますか?」という問いに対して、「職歴のある人よりも未知の可能性」を重視して(2)のポテンシャルグループの方が人気だったのです。

 

参照 The Preference for Potential ー Digital Access to Scolarship at Harvard

 

普通に考えると、何かしら経験や実績を持っている人の方が印象が良い気がします。

 

 

しかし、この実験で示しているのは「経験や実績を持っていない人の方が印象が良かった」ということです。
※両方ともリーダーシップテストで高得点ということから、基本的な人間性などは備えているという前提になります。

 

 

この実験以外にも、起業家が投資を募にあたって、過去の実績を踏まえたプレゼンより実績はなくとも未来に対する可能性をプレゼンした方が投資家からの出資を得る確率が高いという研究もあります。

 

 

ちなみに、「これは若い人が対象にした実験なのではないか?」という疑問もあるかと思います。

 

 

しかしこれらの実験では年齢の部分も考慮しており、その要因となる可能性は排除しています。

 

 

ではなぜこのようなことが起きるのでしょうか?

 

 

転職を考えているなら…

DODA 転職者満足度No.1

 

 

過去よりも未来

それは、人は過去の経験や実績よりも、未来の可能性に対して期待するからなのです。

 

研究者いわく、「将来の成功というものは、既に実証された成功と比べて”不確か”なため人の興味を惹きつける」のだそうです。

 

人間の脳は不確かなものに遭遇すると、それを理解しようと注意を払います。

 

その結果、より長時間、より綿密に脳内処理をすることになります。

 

つまり「潜在能力がある志望者は、実績がある志望者よりも面接者を深く考えさせるため」、この深い思考が無意識的にその人物への好印象につながりうるのだそうです。

 

ただし、あくまでもその人の「情報が好ましいものである」場合にのみ有効になります。

 

ちなみに他の研究では、志望者が高い潜在能力を持っていることが示されても、その裏付けが乏しい場合は実績ある志望者の方がはるかに好まれたそうです。

 

何も取り柄がなくても面接をうまく切り抜ける人というのはいます。なぜなら彼らは笑顔と服装で…?

参考 面接での笑顔の重要性とは?効果的な笑顔とは?【解説】

参考 【解説】転職時の面接におけるマナー。服装で印象を良くする方法

 

 

 

どのように自己PRすればいいのか?

それでは、先ほどの点を踏まえると「どのような自己PRが有効」なのでしょうか?

 

 

それは「将来にフォーカスした自己PR」なのです。

 

 

将来に対するアピールをすることで、面接官からの評価(印象)も良くなるはずです。

 

 

では、「将来にフォーカスした自己PR」とはどのようなものなのでしょうか?

 

 

「将来にフォーカスした自己PR」とは?

具体的には、次の2つを踏まえた自己PRが効果的であると考えます。

何をしたいのか?

どうなりたいのか?

 

「何をしたいのか?」と「どうなりたいのか?」です。

 

このいずれかを盛り込んだ自己PRをすることで、面接官にあなたの将来をイメージさせることにつながります。

 

では、具体的にどのようにすればいいのかそれぞれみていきましょう。

 

 

将来はもとより、あなたは「なぜ働くのか?」という問いに答えられますか?

この問いに明確な回答を持っている人ほど納得感のある自己PRにつながります。

働く理由はお金?趣味?存在意義のため?それとも◯◯のため?【考察】

続きを見る

 

 

何をしたいのか?

「私は御社に入社した暁には、〇〇をしたいと考えています。具体的にお話しますと・・・」

 

このように、その会社に入って「何をしたいのか?」ということについて話してみましょう。

 

ただし単にやりたいことだけを口にするだけですと、「何も考えていない人」という印象を持たれてしまいます。

 

そのため、その事業や企業、業界のことを踏まえた上で、論理的に伝えることが必要です。

 

 

どうなりたいのか?

「私は御社に入社した暁には、〇〇という目標を叶えたいと考えています。具体的に申しますと・・・」

 

このように、その会社で「どう変化したいのか?」ということについて話してみましょう。

 

これも先ほどと同様になりますが、「部下を持つ役職に就きたい」とか「事業部長を務められるようになりたい」と脈絡なく言っても意味がないので、どんなことを成し遂げた上でそうなりたいのかを伝えることが大事です。

 

 

面接の準備は色々面倒ですが、基本的にこの2つを押さえておけば大丈夫です。

参考 たった1時間でできる面接準備!この2つを押さえておけばOK【解説】

 

 

2つのポイントを打ち出した自己PR

今紹介したように、2つのポイントを打ち出した自己PRを行なうことが重要です。

 

これらは、どちらも将来の希望的展望(ビジョン)を伝えています。

 

ビジョンを具体的に伝えることで、「経験や実績が無いにも関わらず可能性を感じる」という矛盾が生じ、それが「不確かさ」となって相手の興味を惹きつけるのです。

 

ただし、ビジョンは”具体的に相手がイメージしやすいように”解像度を高くしましょう。

 

なぜなら、それが経験も実績も無いあなたのビジョンを「裏付け」してくれるからです。

 

 

自己PRと同じくらい志望動機の回答にも悩みませんか?

関連記事 「面接での志望動機」その狙いと伝え方のポイントについて【解説】

 

 

自己PRの例文

ここでは、先ほどお伝えした2つのポイントを踏まえた自己PRの例文を紹介します。

 

「経験も実績もない」という人は、ここで紹介する自己PRを参考に面接に臨んでみてください。

 

 

「何をしたいのか?」を打ち出した例文

私が御社に入社させていただいた際には、現在御社のサービスがまだ展開されていない九州もしくは東北エリアの市場開拓に携わりたいと考えております。

現在、御社のサービスにおいては今挙げたエリア以外では割と展開しており、マーケットシェアの拡大も順調だとお見受けしております。

そのため、一定の満足度が得られている御社のサービスであれば未開拓のエリアでも認知向上さえすれば、自ずと展開していけるはずです。

そこで、私としては御社のサービスを全国規模にすべく、未開拓エリアである九州もしくは東北エリアの市場開拓に努めたい所存です。

 

ここで重要なことは、あなたがしたいことを面接官に具体的にイメージさせることです。

 

面接官にイメージさせることは、すなわちあなたの可能性をより大きく感じさせることにつながります。

 

そのため、その会社やサービスの状況を踏まえ、その上で自分がやりたいことを細かく伝えることが重要になります。

 

 

「どうなりたいのか?」を打ち出した例文

私が御社に入社させていただいた際には、介護業界における採用のスペシャリストになりたいと考えております。

介護業界は人材獲得が難しい業界である一方で採用意欲が旺盛です。

そのため、介護業界の採用スペシャリストになることで、大きなニーズを引き出せるはずです。

そして私としましては、まず介護業界の内情を把握するとともにITの活用を検討しています。

なぜなら、数多くある業界の中でもIT活用において介護業界はかなり遅れをとっているからです。

IT活用した採用ができれば介護業界での採用ニーズを満たせると考え、この業界でのスペシャリストを目指したいと思います。

 

ここで重要なことは、あなたがなりたいことに対してどのようなステップを踏むのかを伝えることです。

 

ただ単になりたいイメージを伝えただけでは、面接官があなたに可能性を感じることには至りません。

 

そのため、なりたいイメージへの具体的な段階を示すことが重要になります。

 

 

転職エージェントは求人を紹介してくれるだけでなく、面接練習もしてもらえます。

 

 

ビジョンをアピールする

最も重要なことは「この先あなたが目指すこと」です。

 

 

経験や実績があるに越したことはありません。

 

 

しかし人というのは、過去よりも未来に思いを馳せる生き物です。

 

 

それはつまり、ビジョンによって感情を動かされるということなのです。

 

自己PRで伝えるべきこと

何をしたいのか?

どうなりたいのか?

 

自己PRでは、自分の未来に対する”具体的なイメージ”を伝えてみましょう。

 

 

面接に臨むのであれば、転職エージェントに面接指導を依頼するのもオススメです。

しかし自分に合ったエージェント選びが大事です。

オススメ
状況に合わせたオススメの転職エージェントがこちら【パターン別】

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

KEI

仕事やキャリア、生活などに役立つ情報を科学や雑学を交えて発信しています。 仕事の仕方、時間の使い方、コミュニケーション、キャリア形成、睡眠、食事、フィジカルケア及びメンタルケアなどを基にハタラクのアップデートを目指します。 プロフィールはこちら

-転職
-,

Copyright© ハタラクを考えるブログ , 2020 All Rights Reserved.