仕事 転職

【解説】「仕事を辞めたい」辞める前の準備が転職を有利にする

更新日:

 

仕事、辞めちゃおうかなぁ~。
キャリ子

 

 

KEI
辞めるんですか?

 

 

まだそうだと決めたわけじゃないんですけど、そろそろ辞めて転職しようかな~と思いまして。
キャリ子

 

 

KEI
もし辞めるのであれば、すぐに辞めてしまうのは得策ではありません。

 

 

どうしてですか?

思い立ったが吉日っていうじゃないですか!

キャリ子

 

 

 

KEI
なぜなら、”辞める前にすべき準備”をして辞めた方が転職が有利になるからです。

 

 

 

辞める前にすべき準備・・・ですか?
キャリ子

 

 

KEI
はい。

僕は仕事で転職希望者と日々会っていますが、何も準備せずに辞めてしまった人ほど転職で苦労し、転職先が決まったとしても不利な条件を飲まなければなりません。

 

 

なるほど。

では、辞める前にすべき準備って何をしたらいいんですか?

キャリ子

 

 

KEI
それでは、「仕事を辞める前にすべき準備」について話していきましょう。

 

 

 

「辞めたい」と思ったときにすべきこと

改めて、「仕事を辞めたい」と思ったのであれば、辞める前にいくつかの準備をすることをオススメします。

 

 

その準備をするか否かで、転職の満足度がだいぶ変わってきます。

 

 

では、「一体それは何なのか?」を説明していきます。

 

 

 

辞める前にすべきこと

辞める前にすべき準備は「スケジューリング」、「情報収集」、「コンタクト」の3つです。

 

 

そしてこれらは、スケジューリング→情報収集→コンタクトの順で行うことをオススメします。

 

 

step
1
スケジューリング

まずは「いつまでに転職するのか」ということを決めましょう。

 

期限を設けることで、転職するまでにしなくてはいけないことを逆算して洗い出すことができます。

 

仕事を辞めたいと思って転職活動をしたとしても、すぐに転職先が決まるという人はマレですし、自分の希望を叶える転職となると予想以上に時間が掛かるものです。

 

例えば、”3ヶ月後に転職したい”場合の基本的なスケジュールがこちらです。

1ヶ月目

・転職エージェント&転職サイトへ登録

・気になる求人へエントリー

・履歴書・職務経歴書を作成

・一次面接

 

2ヶ月目

・二次面接&三次面接

・面接対策

・内定獲得&内定先の検討

 

3ヶ月目

・内定承諾

・退職の申し出&入社日調整

・現職の引継ぎ

・有給消化

・入社前の準備

 

ざっと挙げただけですが、実際に転職となると意外と時間が掛かり、かつめんどくさいことが多いということが分かるかと思います。

 

これに加えて現職での仕事も普段通りこなさなければいけないので、スケジューリング無しに転職活動するのは簡単ではありません。

 

ということで、仕事を辞める前には”スケジューリング”をしましょう。

 

 

step
2
情報収集

続いて情報を集めましょう

 

手っ取り早いのは、転職エージェントと転職サイトに登録して、現状求人を行っている会社の情報を集め把握しましょう。

 

そこで気になった求人や会社があれば、さらに詳しく調べてみましょう。

 

情報を集めた結果、特に気を引くような求人や会社がない場合は、転職の延期も考えましょう。

 

自分の希望にマッチする求人がないのに無理に転職しても得になることはありませんので。

 

転職エージェントを使う場合は、自分に合った転職エージェントを選ぶようにしましょう。

参考 状況に合わせたオススメの転職エージェントがこちら【パターン別】

 

 

step
3
コンタクト

そして最後は人に連絡することです。

 

これは身近な人よりは、遠い人の方がいいです。

 

例えば、普段あまり会わない友人、過去の取引先の人などです。

 

なぜなら、彼らの方が転職の可能性を見出してくれるからです。

 

こんな話があります。

スタンフォード大学のマーク・グラノヴェッターが転職したばかりの人を対象に、「誰を介して転職したか?」ということを調べました。

 

その結果、17%の人が強いつながり(家族や恋人、親友)から得たのに対し、28%の人は弱いつながり(昔の取引先、ご近所さん)から得ていたということが分かったのです。

 

参照 To Get A Job, Use Your Weak Ties ー Forbes

 

つまり、強いつながりの人は普段助けてくれる一方、自分と似たようなコミュニティーにいることが多いため、異なる環境を求める場合は弱いつながりの方が有効だと言えるのではないでしょうか。

 

ちなみに僕もこれまでに2度転職していますが、転職エージェントや転職サイトに登録して転職活動していたものの、実際には”弱いつながり”によるものでした。

 

1回目の転職の時は趣味のフットサルでたまに会う知人の紹介で、そして2回目は営業先の担当者からの紹介でした。

 

こういったことからも、普段あまり連絡を取らない人にコンタクトしてみることはオススメです。

 

転職に成功する人と失敗する人にはある違いがあります。

参考 【解説】転職に成功する人と失敗する人!コレを知ればうまくいく!

 

 

 

準備をしない場合に起こるデメリット

一方で、先に紹介した”辞める前にすべき準備”をしない場合のデメリットについても話しておきます。

 

 

僕が転職相談を受ける人の中には、何も準備せずに転職活動したり、辞めてしまったという人もいます。

 

 

しかし特に転職するにあたっては、準備不足の人ほど損する(不利な)状況に陥ってしまうことが多いのです。

 

 

準備をしないデメリット

準備不足の人が抱えるデメリットがこちらです。

転職先に妥協する

離職期間が空く

有給消化できない

 

詳しく説明していきます。

 

 

転職先に妥協する

これは「辞めたい」と思い早々に辞めてしまった場合ですが、離職者に対して企業は足元を見てくるものです。

 

つまり給与条件(内定時に提示される条件)を低く見積もられてしまうのです。

 

なぜなら離職中の人に対して企業は、「仕事が決まっていないから焦っているはずだ」という思惑を抱く傾向があります。

 

そのため、在職中の人と違って”後先がない”人に対しては強気に出てくるのです。

 

そのため、できれば現職を続けたままで転職活動をするようにしましょう。

 

辞めずに転職活動した方が良い理由については、こちらの記事をご覧ください

参考 【理由】仕事をしながら転職活動すべき!その方が圧倒的に有利だから

 

 

離職期間が空く

これも辞めてしまった場合ですが、離職している期間が長くなるというデメリットを抱える可能性もあります。

 

先ほども伝えた通り、転職先が決まり働き始めるまでには少なくとも2ヶ月ほどかかります。

 

すると、その期間は給料がもらえないわけです。

 

人によっては2ヶ月間も収入がないとなると困ってしまいますよね。

 

 

有給消化できない

これはスケジューリングをしていない場合、転職先が決まり会社を辞めるまでの間に問題を抱えます。

 

引き留められて退職交渉がうまくいかなかったり、引継ぎに予想以上に時間を要してしまうことで、せっかくの有給が使えないという場合があります。

 

有給が消化できないと、転職先への入社準備もおろそかになってしまい、転職後もバタつき、場合によっては転職先での印象に傷をつけてしまうことになってしまいます。

 

辞める時は、トラブルなく心穏やかに辞めたいものです。

参考 【解説】トラブルにならない仕事の辞め方。モメずに辞めるには?

 

 

 



一時の感情で行動しないことが大事

「仕事を辞めたい」と思ったときこそ、すぐ行動に移さないことが大事です。

 

 

この記事で話したとおり、転職はそう簡単に決まるものではありません。

 

 

それにも関わらず、すぐに仕事を辞めてしまう人こそ結果的に後悔します。

 

 

自分が有利な状態を保ちたいのであれば、転職に対しての準備をすることです。

 

 

そうすることで時間的な余裕も生まれ、それが心の余裕となり、改めて考えたときに現職に留まるという選択も可能になります。

 

 

辞めてしまってからでは、その選択肢は潰えてしまいますので。

 

辞める前にすべき準備

スケジューリング

情報収集

コンタクト

 

 

転職することを決めたら、入念な情報収集が転職成功のカギを握ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

KEI

仕事やキャリア、生活などに役立つ情報を科学や雑学を交えて発信しています。 仕事の仕方、時間の使い方、コミュニケーション、キャリア形成、睡眠、食事、フィジカルケア及びメンタルケアなどを基にハタラクのアップデートを目指します。 プロフィールはこちら

-仕事, 転職
-,

Copyright© ハタラクを考えるブログ , 2020 All Rights Reserved.