転職

仕事を辞めて転職するか悩む人が考えるべき3つのこととは?【解説】

投稿日:

 

そういえば、私の後輩が今の仕事がイヤで転職するって言うんですけど、どう思いますか?
キャリ子
まだ2年しか仕事してないんだから、もう少し頑張ったら?って思っちゃいますよね!
キャリ子

 

 

KEI
う~ん、僕はそういう”逃げの転職”もナシではないかなぁと。

 

 

え?そうなんですか?!
キャリ子
ケイさんも、私に同意してくれると思ったのに意外です。
キャリ子

 

 

 

KEI
ただし、逃げの転職をするのであれば転職を決断する前に考えるべきことが3つあると思っていて…。

 

 

 

転職を決断する前に考えるべきこと3つのことですか?
キャリ子

 

 

KEI
はい。今の状況を改善すべく転職する場合、それらを考えておかないと後々痛い目をみる可能性があるんです。

 

 

その考えるべき3つのことって何なんですか?
キャリ子

 

 

KEI
それでは、「転職するか悩んでいる人が考えておくべき3つのこと」について話していきましょう。

 

この記事を読んでほしい人

  • 今の仕事に悩みを抱えている人
  • ネガティブな理由で転職を考えている人
  • 転職すれば状況が好転すると思っている人

 

 

逃げの転職は悪いことではないが…

 

現在の仕事や職場で何か悩みを抱えてしまい、転職を決心する人は少なくありません。

 

 

僕としては転職することで今抱えている悩みを払拭する、いわば”逃げの転職”をすることは決して間違いではないと思っています。

 

 

今の悩みを抱え続けるくらいなら、心機一転して新しい環境で仕事をした方が幸せなことでしょう。

 

 

しかし一方で、安易に逃げの転職をすることはオススメしません。

 

 

もし現在の悩みから逃げるために転職をするのであれば、その前に考えるべきことがあると思うのです。

 

 

辞めたいけど辞めさせてもらえない職場なら…

退職代行NEXT

 

 

転職を決断する前に考えるべき3つのこと

 

僕はこれまでに多くの人から転職相談を受ける中で、今の仕事に悩んだ末、逃げの転職を選んだ人は少なくありません。

 

しかしそのような転職をした結果、失敗してしまった人もいました。

 

現在の仕事に悩んで転職を決心したものの現在の条件と同等の転職先が見当たらなかったり、転職先でも同じような悩みを抱えてしまったり、むしろ現在の状況よりも悪化してしまったりと、良かれと思って転職したにもかかわらず悩みが解消されないどころか、より悪い状況に陥ってしまうこともあり得ます。

 

そこで、もし今の仕事や職場に悩み転職を検討するのであれば、決断する前に3つのことを考えてみることをオススメします。

 

それがこちらです。

転職できる余地はあるのか?

現在の悩みは転職して解決できるのか?

今の仕事先で解決することはできないのか?

 

この3つを考えた上ですべて納得できる理由があって初めて、転職を決断すべきです。

 

そうすれば、逃げの転職をしたとしても現在の状況から好転するはずです。

 

それでは、これら3つの考えるべきことについてそれぞれ説明していきます。

 

仕事がうまくいかないという理由で転職することはオススメしません。

参照 仕事でうまくいかないからという理由で転職する人ほど後悔する【理由】

 

 

転職できる余地はあるのか?

まず考えなければいけないことは、そもそも自分に転職できる余地があるのかということです。

 

これはどういうことかというと、現職の給与や休日、勤務地といった条件と同等もしくはそれ以上の条件での転職先があるかということです。

 

例えば人間関係で悩みを抱えて転職を決心したとしても、今の仕事よりも給料が下がったり、休みが少なくなったり、勤務地が遠くなってしまってはまた別の悩みを抱えることになってしまうかもしれません。

 

どうしても目先の悩みを解決したい思いで急いで転職をしたくなるものですが、現職での条件よりも大幅に譲歩して転職すると後悔する可能性が高いと言えます。

 

そのため、まずは自分には”現職の条件と同等もしくはそれ以上”の条件で転職できるのかをしっかり考えてみる必要があるのです。

 

自分の希望に合致する求人というのは、なかなか見つからないものです。

参照 【方法】転職したいのに求人がない時に試してみるべきことはコレ

 

 

現在の悩みは転職して解決できるのか?

次に考えなければいけないことは、現在の悩みは転職して解決できるのかということです。

 

給料や勤務地といった明確なものであれば解決可能ではある一方で、人間関係や仕事内容といったモヤっとした悩みである場合、確実に解決できるかは分かりません

 

というのも、人間関係は転職先の職場の人との相性になりますし、仕事内容は転職前に完璧に自分のイメージと一致させることはできません。

 

また残業や休日に関しても完全に把握することは難しく、配属される部署によって残業時間が増減しますし、時期によっては休日出勤が多くなることもあるでしょう。

 

求人情報には嘘が書かれているわけではないですが、やはり人を募りたいという思いから”見栄え良く”書かれていることは往々にしてあります。

 

そのため、現在の悩みは転職することで解決できるのか、十分に考えてみる必要があるのです。

 

”人間関係”で転職するのはリスクが大きいって知っていました?

参照 【理由】「転職したい!」理由が人間関係という人ほど失敗するワケ

 

 

今の仕事先で解決することはできないのか?

最後に考えなければいけないことは、現職で抱えている悩みは現職で解決することはできないのかということです。

 

現職で悩みを抱えた末に転職を決心する人の多くは、現職での改善を試みる前に転職を決心してしまうのです。

 

しかしそれは非常にもったいないことで、もし現職で悩みを払拭できるのであればそれに越したことはありません。

 

なぜなら悩みを解決できさえすれば、顔なじみと慣れ親しんだ業務に携わることができ、給料や休日といった条件に惑わされることもないからです。

 

また、仮に転職したとしても新たな悩みが出てくるかもしれないですし、新しい環境で慣れるために負荷も掛かります。

 

それらを考えると、現職での悩みは現職で解消に努めた方が効率は良いですし、もし悩みの解消を試みたもののできなかった場合に転職を決断すればいいのです。

 

そのため、現在の悩みは今の仕事先で解決ができないか考えてみる必要があるのです。

 

 

 

 

転職して状況が悪化するリスクもある

 

転職というとポジティブなイメージを持つ人は少なくないでしょう。

 

 

しかし、転職は状況が悪化するリスクをはらんでいるということは認識しておかなければいけません。

 

 

実際に転職した結果、このような声を上げる人は枚挙にいとまがありません。

「予想より遥かに仕事が難しくて覚えられない…」

「残業時間が増えて心身とも疲労困憊だ…」

「転職先の同僚はイヤな奴ばかりだ…」

 

 転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

 

ただし、このような悲惨な結果になってしまうのは、あくまで”安易に”逃げの転職をした場合です。

 

 

もし今の仕事に悩んで逃げの転職をしたとしても、先ほど挙げたことを事前に考え、入念な準備をしたうえでの転職であれば問題ありません。

 

 

今の仕事や職場で悩みを抱えていると、無意識のうちに盲目的になってしまい、現在の環境から抜け出すことばかり考えがちになります。

 

 

そして、外の世界は今いる場所よりも輝いているという思いに駆られます。

 

 

しかし、そう思い描いている世界にも厳しい現実があり、何も考えなく足を踏み入れた者には牙を向くということを忘れてはいけません。

 

 

転職のリスクを抑えたいのであれば、”自分の状況”に合った転職エージェントを使うことを検討してみましょう。

オススメ
状況に合わせたオススメの転職エージェントがこちら【パターン別】

続きを見る

 

 

 

転職とはあくまでも手段の一つ

 

転職というと、自ずと転職後の華やかなイメージが頭に浮かんでくるものです。

 

 

しかし、転職とはあくまでも状況を改善するための手段の一つに過ぎません。

 

 

つまり、転職すれば勝手に状況が良くなるということではなく、状況を良くするために転職という方法を使うだけなのです。

 

 

したがって、その手段の使い方を間違えば状況は好転するどころか、悪化する可能性もあるのだということです。

 

 

 

ちなみに、転職した方がいい状況ってどんな時か知っていますか?

転職した方がいい6つの状況とは?こんな場合は転職するのがオススメ

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

KEI

仕事やキャリア、生活などに役立つ情報を科学や雑学を交えて発信しています。 仕事の仕方、時間の使い方、コミュニケーション、キャリア形成、睡眠、食事、フィジカルケア及びメンタルケアなどを基にハタラクのアップデートを目指します。 プロフィールはこちら

-転職
-, ,

Copyright© ハタラクを考えるブログ , 2021 All Rights Reserved.