ライフスタイル 仕事

ビッグファイブで適職を探そう!自分の性格に合う仕事は?【診断】

更新日:

 

KEI
ところで、ビッグファイブって覚えてますか?

 

 

キャリ子

 

 

KEI
それです。

そしてこのビッグファイブなのですが、これで自分の特徴に合う仕事が分かるんじゃないかと思うのです。

 

 

 

と、言いますと?
キャリ子

 

 

 

KEI
つまり、ビッグファイブで自分の性格(強みや特徴)を基に適職を探すことで、仕事で活躍することができるのではないかと考えたのです。

 

 

 

クロノタイプによって仕事を探すことと同じですね!!
キャリ子

 

 

KEI
その通りです。

 

 

なかなか自分自身で、自分の性格を把握して、それに合う仕事を探すのは難しいですもんね。
キャリ子

 

 

KEI
そのため、性格診断ツールであるビッグファイブが役に立ちます。

ということで早速、「ビッグファイブのよる適職診断」について解説していきます。

 

 

 

自分の強みや特徴に合う仕事

改めてビッグファイブについてですが、ビッグファイブとは人の性格を特定するパーソナリティ理論のことで、5つの要素に分かれています。

 

外向性:興味関心が外の人や物に向けられているかどうか/積極性や社交性に関連

協調性:利己的でなく、他者のことを思いやれるかどうか/協調性や思慮深さに関連

誠実性:真面目で計画的かどうか/責任感や勤勉さ、自己規律に関連

開放性:新しい物事や経験に対してオープンかどうか/好奇心や想像力に関連

神経症傾向:不安や緊張に対する耐性が高いかどうか/ストレス耐性や気持ちの安定に関連

※詳しくはこちら

 

そして、自分の性格に合った仕事を探すためには、まずは診断をしなければなりません。

※診断はこちら

 

 

ここで、5つの要素のうち自分はどの要素が強いのか見当をつけます。

 

 

診断が終わったら、以下で自分の性格(強みや特徴)に合う仕事が何なのかを確認してみましょう。

 

 

ビッグファイブについて知りたい方はこちら。

人気記事
【診断】ビッグファイブで自分の本当の性格を知ろう!意外な結果が?

続きを見る

 

 

各要素ごとの適職

ここからは、ビッグファイブの5つの要素ごとの適職を挙げていきます。

 

ちなみに、各要素は「外向性」、「協調性」、「誠実性」、「開放性」、「神経症傾向」の5つです。

 

 

外向性が高い人

外向性が高い人は、社交的で活発で、人見知りせずに他人と打ち解ける傾向があります。

 

他者と積極的にコミュニケーションを取ったり、物事に積極的に取り組むことができます。

 

そのため、以下のような仕事が適している可能性が高いでしょう。

 

外向性が高い人に適した仕事

営業、接客、企画、マーケティング、経営、看護、介護、保育

 

 

協調性が高い人

協調性が高い人は、親切で謙虚、そしてチームワークを重視する傾向があります。

 

他者の考えや感情に意識を払い、バランスを考えて物事に取り組むことができます。

 

そのため、以下のような仕事が適している可能性が高いでしょう。

 

協調性が高い人に適した仕事

営業、接客、管理、研究、分析、看護、介護、保育

 

 

誠実性が高い人

誠実性が高い人は、真面目で計画性があり、強い責任感を持っている傾向があります。

 

得意ではないことにも実直に向き合い、困難な状況でも地道に取り組むことができます。

 

そのため、以下のような仕事が適している可能性が高いでしょう。

 

誠実性が高い人に適した仕事

財務、経理、経営、事務、管理、研究、分析、保守、設計、技能、教育

 

 

開放性が高い人

開放性が高い人は、好奇心や興味関心が旺盛で、環境変化に適応する傾向があります。

 

何事にもチャレンジし、物事に自発的に取り組むことができます。

 

そのため、以下のような仕事が適している可能性が高いでしょう。

 

開放性が高い人に適した仕事

営業、企画、経営、コンサルティング、開発、開発

 

 

神経症傾向が高い人

神経症傾向が高い人は、心配や不安になりがちという負の側面がフォーカスされがちですが、周囲の変化に敏感で、独創的で繊細な傾向もあります。

 

他者への共感性が高く、問題意識を持って物事に取り組むことができます。

 

そのため、以下のような仕事が適している可能性が高いでしょう。

 

神経症傾向が高い人に適した仕事

事務、研究、分析、保守、技能、看護、介護、保育

 

 

 

自分の特徴に合った仕事を探す

ビッグファイブの特徴に基づいて論理的に仕事を探すことは、これからの転職活動においても求められるのではないでしょうか。

 

「自分に合う仕事ではなかった」

 

このように仕事に就いてから後悔する人は後を絶ちませんが、それは自分自身を理解しきれていなかったことも原因としてあると思うのです。

 

そのために、まずはビッグファイブを用いて自分の強みや特徴を把握することが大事なのではないでしょうか。

 

自分に合った仕事を探すには、自分に合った転職エージェント探しから始めましょう。

オススメ
自分に合う転職エージェントの選び方!それぞれの特徴がこちら

続きを見る

 

 

 

自分の強みや特徴を意識する

ここまで、自分の強みや特徴の裏付けとなるビッグファイブごとに適した仕事について解説してきました。

 

 

しかし一方で、自分の強みや特徴と合っていない(強みや特徴が活かせない)仕事をしている人もいるかと思います。

 

 

だからといって、「自分の強みや特徴と合わない仕事だから活躍できないんだ」と思う必要はありません。

 

 

なぜなら、要所要所を見てみると、自分の強み特徴を活かせる場面というのが必ずあるからです。

 

 

例えば、「神経症傾向が高い」場合を例にみてみましょう。

 

 

神経症傾向の高い人が営業や販売をした場合

神経症傾向が高いということは、心配したり、不安になりがちというネガティブな特徴があるため、仕事に活かせないと思われるかもしれません。

 

しかし、これは周囲や他人の機微な変化を察知できていると言えます。
(些細な状況・状態の移り変わりに気づけるということです。)

 

そして、そんな神経症傾向が高い人が営業や販売というイメージとは真反対の仕事をしていたとしても、この特徴は強みになります。

 

例えば、顧客とのやりとりをする状況です。

 

その際、相手の表情や声の調子といったほんの小さな変化に気づくことで表には出てこない問題や課題を察知し、相手に合わせた提案をすることができるかもしれません。

 

このように、仮に神経症傾向が高いというネガティブに映る特徴が自分にあったとしても、それを強みに変えることはできるものなのです。

 

よく、「強みと弱みは表裏一体」なんて言われますが、まさにそういうことなのです。

 

だからこそ、自分の強みや特徴を意識することで、どんなタイプの人であっても、それを仕事に活かすことは必ずできるはずです。

 

 

 

 



性格だって変えられる

誰もがビッグファイブにおいて、何らかの特徴を持っているはずです。

 

 

しかし、それは不変的なものではありません。

 

 

 

 

 

僕が以前ツイートしたものなのですが、このように性格は変えることができるものなのです。

 

 

そのため、もし仕事で自分の強みや特徴を活かしたいと思うのであれば、それに合わせた性格に自分を変えることだってできるのです。

 

 

自分に合った生活スタイルは知っていますか?人はクロノタイプによって生活スタイルが分かられます。

人気記事
クロノタイプに合わせた生き方が重要!自分のタイプは?【診断】

続きを見る

  • この記事を書いた人

KEI

仕事やキャリア、生活などに役立つ情報を科学や雑学を交えて発信しています。 仕事の仕方、時間の使い方、コミュニケーション、キャリア形成、睡眠、食事、フィジカルケア及びメンタルケアなどを基にハタラクのアップデートを目指します。 プロフィールはこちら

-ライフスタイル, 仕事
-,

Copyright© ハタラクを考えるブログ , 2020 All Rights Reserved.