仕事

面接での質問において、深掘りされない時に考えられる3つの可能性

投稿日:

 

あの~、面接で深掘りされなかったら、やっぱり不合格ということなんでしょうか?
キャリ子

 

 

KEI
そんなことはありませんが、どうかしたんですか?

 

 

私が転職サポートしている方が今日面接だったんですけど、「質問に対する回答を深掘りされなかったんで、これってダメっていう意味ですかね?」と訊かれたんです。
キャリ子

 

 

KEI
そういうことだったんですね。

 

 

でも、面接で深掘りされないと「自分に興味がないのかな」と思っちゃいますよね。
キャリ子

 

 

 

KEI
確かにそうですね。でも、それで不合格とも限らないんですよね。
KEI
面接での質問に対する回答を深掘りされなかった時に考えられる可能性は3つあります。

 

 

 

3つですか?
キャリ子
それってどんなことなんですか?
キャリ子

 

 

KEI
それでは、「面接での質問において、深掘りされない時に考えられる3つの可能性」について解説していきましょう。

 

この記事を読んでほしい人

  • 面接をしたが、面接官から深掘りされなかったため結果が不安な人
  • 面接に合格したが、その面接で深掘りされなかった人
  • これから面接を控えている人

 

 

面接で深堀されない時に考えられる3つの可能性

 

面接において、質問に対する回答に”深堀りされるか否か”というのは面接者にとって敏感になるポイントの一つです。

 

 

もし、回答に対して深堀がされなかった場合、見送られた(不合格)と思う人がほとんどかと思います。

 

 

しかし、そうとも限らないのです。

 

 

「面接で深堀されなかった」という時に考えられる可能性は3つあります。

面接者に興味がない

既に合格を予定している

面接官の質問力の欠如

 

これは、これまでに僕が数々の企業面接に同席した経験から考え出したものになります。

 

 

上記からも、面接で深堀されなかったということはも必ずしも不合格だというわけではなく、むしろ合格である場合も考えられるわけです。

 

 

では、それぞれどのような意味合いがあるのかを解説していきましょう。

 

 

 

面接者に興味がない

 

これがいわゆる”不合格フラグ”とされるものです。

 

既に見送りを決めている場合、その面接者に時間を使うのがもったいないために定型的な質問だけに終始し、深堀をしないというものです。

 

このようなことは、以前であれば割とあったのかもしれません。

 

しかし、そもそも予め見送りを決めているような人のために面接時間を割くこと自体矛盾しています。

 

また、面接官の振る舞いをネットに書かれてしまう時代において、あえて自ら評判を汚す行為をする企業は少なくなっています。

 

一方で、冒頭の振る舞いや言動で見送りを決めてしまった可能性もあるかもしれません。

 

しかしこれに関しても、基本的に面接官は面接者の緊張などを考慮して(緊張から妙な振る舞い・言動だったのではないか)、むしろ面接では面接者の良い点を探り出そうと深堀する面接官が多いように見受けられます。

 

前提として、面接する側も「採用したい」という思いから面接を行うわけですので、できるだけ面接者の(企業に適している)可能性を探そうとします。

 

したがって、面接冒頭の言動がよっぽど悪いものではない限り、「面接者に興味がない」という理由で質問に対して深堀をしないということはありません。

 

評判リスクがあるため、最近は減ってきましたが…。

参考 圧迫面接を行う企業に行く価値は無い?!なぜなら圧迫面接は…

 

 

既に合格を予定している

 

既に”合格を予定している”ということも考えられます。

 

いわゆる顔合わせ的な面接の場合などです。

 

このような場合は、あくまで形式的な面接であるため、採用条件や入社後のことなど確認を目的とした質問がほとんどです。

 

そのため、割と最終面接においてはこのように深掘りが行われなかったりします。

 

ただし、それ以前の面接(一次面接や二次面接など)でガッツリ深掘りされているはずです。

 

ちなみに合格前提の面接(顔合わせ)には、面接独特の緊張感がないことも特徴の一つとしてあります。

 

そのため、面接者も暗にそれを感じることができるかもしれません。

 

 

 

面接官の質問力の欠如

 

単に”面接官の質問力の欠如”だという可能性もあります。

 

どういうことかというと、質問に対して深堀りをするというのは案外難しいものです。

 

なぜなら、相手の回答を理解し、その上で疑問点を見出す必要があるからです。

 

しかし面接官に質問力が無いと、それを行うことができないのです。

 

多少極端に言ってしまえば、面接官が会話のキャッチボールができない状態というわけです。

 

したがって、面接官に質問力が欠如していると、会話が単発で終わるため「深掘りされなかった」と感じることになるのです。

 

 

 

仮に合格しても注意すべきケース

 

ここまで、「面接で深掘りされない時に考えられる3つの可能性」について話してきました。

 

 

そして、ここで仮に合格しても注意すべきケースがあります。

 

 

それは、「面接官の質問力の欠如」によって深掘りされなかったものの合格した場合です。

 

 

なぜかというと、入社後のミスマッチの可能性が高いからです。

 

 

面接官に質問力がないことによって、面接者の根本的な考えや思いを炙り出せなくなってしまいます。

 

 

本来、面接者の回答を深掘りしていくことで、彼/彼女の価値観であったり、思考性だったり、ビジョンを把握・理解することにつながるのです。

 

 

しかし、質問が浅いとそこに至らないのです。

 

 

それによって、入社してから会社の価値観や考え方、ビジョンと自分のそれが合わないということにお互いが気づくのです。

 

 

こうなってしまうと、せっかく入社したにも関わらず会社と合わないため再び転職を考えるという最悪な事態にもなってしまうので、注意が必要です。

 

内定をもらったとしても、その企業を見極めた上で入ることで後悔を避けることができます。

参考 転職時の企業の選び方!企業選びで重要な3つのポイントとその解説

参考 転職する会社の口コミを確認すべき4つの理由と確認する方法【解説】

 

 

スポンサーリンク


深掘りされずに内定に至った場合

 

もしも、「面接で深掘りされずに内定に至ってしまった」場合、そしてそれが一度だけの面接だった場合、どうしたらいいのでしょうか?

 

 

そのような場合、内定後に企業側に面談を依頼することをオススメします。

 

 

そして面談において、自分の価値観や考え方、ビジョンなどを話し、企業とすり合わせを行うのです。

 

 

もしそこで「違う」と感じたのであれば、辞退すればいいのです。

 

 

入社後にお互いの違いに気づくよりも100倍マシです。

 

 

「面接で深掘りされずすんなり受かった!ラッキー!」と内定をもらった時には思うかもしれません。

 

 

しかし、それですんなり入社してしまえば、後々悲惨な目に遭うかもしれません。

 

面接で深堀されない時に考えられる3つの可能性

 

 

その会社が何を求めているかを把握することは、転職に失敗しないために重要なポイントです。

転職をする場合、多くの人は転職サイトで求人を探します。

ただし自分一人だと、多くの求人をの中から自分の能力や経験、条件に見合う求人を探し、さらに面接日程の調整や労働条件、給与の交渉までを行うのはとても時間と労力が掛かります。

 

一方で転職エージェントに任せれば、数十~数百社もの求人からあなたに最適な求人を紹介してくれます。
また、応募書類の添削、面接日程の調整、労働条件や給与の交渉と全てを行ってくれます。

そのため、普段仕事で忙しくてもスムーズに転職活動に励めます。

 

ただ、ひとえに転職エージェントといっても、「求人数が多い」「新卒・第二新卒向け求人が多い」「高年収の求人を扱っている」「専門職系の求人を扱っている」「地方求人が多い」など、各転職エージェントによって特徴や強みはバラバラです。

したがって、これらを理解した上で”自分の状況に合った”転職エージェントを活用することで、満足のいく転職を叶えることができます。

 

オススメの転職エージェントと特徴の違い

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

KEI

仕事やキャリア、生活などに役立つ情報を科学や雑学を交えて発信しています。 仕事の仕方、時間の使い方、コミュニケーション、キャリア形成、睡眠、食事、フィジカルケア及びメンタルケアなどを基にハタラクのアップデートを目指します。 プロフィールはこちら

-仕事
-,

Copyright© ハタラクを考えるブログ , 2022 All Rights Reserved.