仕事

【解説】仕事をやりがいあるものに変える「ジョブ・クラフティング」

更新日:

 

ところで、仕事にやりがい感じますか?
キャリ子

 

 

KEI
僕は感じていますけど、やりがいがないのですか?

 

 

そうなんですよねぇ。

なんか、日々悶々と仕事をしているだけという感じなんです・・・。

キャリ子

 

 

KEI
日々、悶々と・・・ですか。

 

 

こんな毎日だと、仕事へのモチベーションも上がらないんですよね。
キャリ子

 

 

 

KEI
それなら、「ジョブ・クラフティング」という方法でやりがいを見出だしてみませんか?

 

 

 

ジョブ・・・クラフティングですか?
キャリ子

 

 

KEI
はい。

この方法でやりがいを見出すことができるはずです。

 

 

じゃあ、そのやり方を教えてください!
キャリ子

 

 

KEI
分かりました。

それでは「ジョブ・クラフティングの方法」ついて解説していきましょう。

 

 

 

ジョブ・クラフティングとは?

ジョブ・クラフティングとは、米イェール大学経営大学院のエイミー・レズネスキー准教授とミシガン大学のジェーン・E・ダットン教授により提唱された「仕事の概念」です。

 

 

ちなみに、このように提唱されています。

従業員一人ひとりが、仕事に対する認知や行動を自ら主体的に修正していくことで、退屈な作業や"やらされ感”のある業務をやりがいのあるものへ変容させる手法。

 

仕事の現状を可視化して整理し、自分の動機や強み、能力を明らかにした上で業務内容や人間関係、仕事に対する認識を組み直す。

 

 

そして「ジョブ・クラフティング」を実践するためには、以下の3つの問いかけが重要とされています。

自分がどのように成長することで、誰に(何に)メリットを与えられるか?

職場で一番大事な人間関係を深めるには?

自分の仕事がどこで役に立っているか?

 

つまり、自分の仕事を主体的に再定義し、創意工夫することでやりがいを見出していくというものです。

 

 

そしてこのジョブ・クラフティングには3つの要素があります。

 

 

3つの要素

ジョブ・クラフティングの3つの要素は、「仕事内容」「人間関係」「認識・役割」です。

 

では、この3つについて説明してきます。

 

 

「自分は何のために働いているのか?」ということが明確な人ほど仕事にやりがいを感じているものです。

人気記事
働く理由はお金?趣味?存在意義のため?それとも◯◯のため?【考察】

続きを見る

 

 

仕事内容

型にはまったやり方をするのではなく、強みや興味関心を元に主体的に創意工夫をすることで、より楽しく楽しく仕事に取り組むことです。

 

 

人間関係

同僚、上司、顧客などとの関わり方を変化させ、より良い関係を築くことで、仕事を協力して円滑にすすめることです。

 

 

認識・役割

取り組んでいる仕事の目的や貢献を明確にすることで、仕事における自分の存在意義を確立することです。

 

やりがいを感じる以前に「仕事がヒマすぎる!」、「仕事が忙しすぎる!」という人もいますよね?

参考 【解説】「仕事が忙しい!」と「仕事がヒマ!」どちらが幸せなのか?

 

 

 

効果的なジョブ・クラフティング

改めて、仕事にやりがいを見出すためには、ジョブ・クラフティングという方法が有効です。

 

 

そして先ほど説明したように、ジョブ・クラフティングには3つの要素があります。

 

 

しかし、ただ仕事にこの3つの要素を持たせればいいわけではないのです。

 

 

ジョブ・クラフティングを用いる上で重要なことがあり、それを取り入れることでより効果を発揮するのです。

 

 

それが何かというと”挑戦”です。

 

 

”挑戦”という要素を取り入れることで、よりジョブ・クラフティングの効果が上がります。

 

 

まずは、こちらの実験についてみていきましょう。

119名の医者や看護師を集めてジョブ・クラフティングのトレーニングに関するセミナーを3時間程度行った実験があります。

習ったテクニックを使って自分の仕事を楽しくするように促した上でそれぞれの仕事に戻ってもらいました。

その3ヶ月後にどのようなテクニックを使った人たちが最も仕事が楽しくなったのかを調べました。

つまり、もっとも効果的なジョブ・クラフティングのテクニックは何なのかを調べたわけです。

 

(1)チャレンジ・シーキング(挑戦を求める)→今まであまりやったことのない作業を取り入れた

(2)リソース・シーキング(仲間との繋がりを求める)→同僚に意見を求めたり、助けを求めたりする

(3)デマンド・レデューシング(効率化)→効率的な働き方を考えたり仕事を人に任せてみたり負担や問題の量を減らしていこうとする

 

この結果、どのグループが仕事に対するモチベーションが最も高まったのか?

(3)デマンド・レデューシング(効率化)が最もモチベーションが上がったように思われますが、実際に最もモチベーションが上がったのは(1)チャレンジ・シーキング(挑戦を求める)でした。

 

引用元 つまらない作業を楽しくする科学的方法 ー Mentalist DaiGo Official Blog

 

この実験からわかる通り、ジョブ・クラフティングを行うのであれば、挑戦(チャレンジ)要素を取り入れることがポイントなのです。

 

 

挑戦することでモチベーションが高まるため、よりジョブ・クラフティングの効果が上がるはずです。

 

やりがいのある仕事って何だと思いますか?それには5つの要素があります。

この記事ではジョブクラフティングとは別に解説しています。

関連記事 【解説】「仕事にやりがいはある?」やりがいは無くても見出せる!!

 

 

 

ジョブ・クラフティングの実践

ではここからは、ジョブ・クラフティングの実践方法について解説していきます。

 

 

ちなみにいくつかの方法があるのですが、ここではできるだけ簡単なやり方を紹介します。

 

 

自分がどんなことに興味や関心を持てるパーソナリティなのかを把握しておくことは、仕事にやりがいを見出す上で大事です。

【診断】ビッグファイブ理論!コレであなたの本当の性格が分かる?!

続きを見る

 

 

ジョブ・クラフティングの手順

ジョブ・クラフティングは、主に4つのステップで構成されます。

 

 

ジョブ・クラフティングを行う場合は、この手順に沿ってやってみるのがオススメです。

 

 

step
1
仕事内容を見直す

自分の強みや得意なことを仕事に取り入れたり、やり方を変えてみましょう。

 

もしそれが難しいようであれば、ゲーミフィケーション(ゲーム要素)を取り入れてみることをオススメします。

 

例えば、それまでは営業でのアプローチ手法が訪問と電話だけだったものを、SNSを用いてみてはいかがでしょうか。

 

仕事にゲーミフィケーションを取り入れることについては、こちらの記事をどうぞ。

関連記事 【方法】「仕事が退屈でつまらない」そんな時は遊びを取り入れよう!

 

 

step
2
人間関係を構築する

それまで関わっていた人との接点の持ち方を変えてみたり、これまで関わってこなかった人と関わるようにしてみましょう。

 

例えば、それまでは個々人としかミーティングを持たなかったものを、何人かまとめてのミーティングを設定したり、現状は関わる機会のない部署の人と交流をしてみるといいでしょう。

 

もし全く人と会わないような仕事をしている人の場合は、同じような人がいるコミュニティーに参加したり、コミュニケーションを取るようにしてみましょう。

 

人間関係の構築の仕方はこちらをどうぞ。

参考 【方法】「仕事の人間関係がツライ」嫌いなあの人への対処法がコチラ

 

 

step
3
役割を定義する

自分の仕事がどんな貢献をしているのか、どんな役に立っているのかを考えて意味づけをしましょう。

 

例えば、単純な入力作業しかしていない場合でも、「自分が入力作業を行うことで他の社員の手間が省けて、彼らが取り組みたいことに専念できる時間を作ってあげることができている」と考えることが大切です。

 

 

step
4
挑戦を加える

これまでに経験したことのない仕事を取り入れてみましょう。

 

時間を要すものでなくてもOKです。

 

例えば、自分で商品やサービスを企画してみたり、新しいマーケットを開拓してみたりと、ちょっと負荷が掛かるようなこと行うことがポイントです。

 

これまでにしたことのない仕事をするとで、モチベーションが上がります。

参考 【理由】実は「やりたくない仕事」がモチベーションを上げるワケ

 

 

ここで伝えた4つのステップに沿って行えば、どんな仕事にでも適応できるはずです。

 

 

 



自分の仕事を改めて考える

ジョブ・クラフティングを行うことは、改めて自分の仕事について考える機会を与えてくれます

 

 

普段から仕事に追われている人ほど、自分の仕事を客観的に見ることはないでしょう。

 

 

しかし、ジョブ・クラフティングを用いて自分の仕事を考えてみることでモチベーションを上げ、新たな仕事のやりがいを発見できるはずです。

 

ジョブ・クラフティングのやり方

仕事内容を見直す

人間関係を構築する

役割を定義する

挑戦を加える

 

まずは自分の仕事について改めて考えてみましょう。

 

 

ただし、こんな環境ではやりがいを見出すことも不可能かもしれません。

【提案】「転職した方がいい?」こんな状況なら転職するのがオススメ

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

KEI

仕事やキャリア、生活などに役立つ情報を科学や雑学を交えて発信しています。 仕事の仕方、時間の使い方、コミュニケーション、キャリア形成、睡眠、食事、フィジカルケア及びメンタルケアなどを基にハタラクのアップデートを目指します。 プロフィールはこちら

-仕事
-,

Copyright© ハタラクを考えるブログ , 2020 All Rights Reserved.